お問い合わせ

English

函館大学 > マップ制作 ≪にぎわい創出についての考察≫

商学実習

商学実習

マップ制作 ≪にぎわい創出についての考察≫

2018年08月24日商学実習

開催期間:2017.04-2018.03

魅力的な場があれば、ヒトが集まり、コトが起こる。地域活性化は私たちの課題です。しかし地域活性化といっても新1年生の学生にとってはなかなかピンとこないのも事実。そこで学生にとって身近な大学や大学図書館を地域と捉え、インタラクティブな「にぎわい」ある場を育てていくためにはどうしたらよいかを考えました。

にぎわい創出の手段として手掛けたのはマップ作り。ターゲットを「高校生」にしぼり、「函館大学のことをもっとよく知ってもらいたい!」を目的に、大学のハード面だけではなく、内なる様子がわかる今までにないマップを作ることにしました。総称を「裏マップ」と名づけて...

「でも・・・やっぱりよくわからない。」「どうしたらいいんだろう?」そこでオープンキャンパススタッフに声をかけ意見を求めました。すると快く2年生の先輩たちが、自分の授業のない空き時間を利用し、何度も何度もこの授業に参加してくれました。学年の枠を超え、1・2年生が一緒に考え、意見交換を繰り返しました。クラスに自然と一体感が生まれていきました。『これがまさしくPBLの姿だ!』と教える先生も感動です!!

マップ上の図面以外に、教授紹介や学生しか知らない内容を盛り込み、イメージ画像もプラスして、魅力を可視化していきました。色の持つ力、文字の大きさなど、細部に渡り検討を重ね、魅力を伝える努力を続けます。

時には、雑誌作りのプロである「(株)プリントハウス」様へ訪問し、プレゼンテーション、質疑応答、専門家より魅力を伝えるにはどうしたらよいかのアドバイスももらいました。

完成したその裏マップを実際にオープンキャンパスで活用しました。

この実習では、身近な場で「価値」を見出し、育てることに着目しています。2チームに分かれ、それぞれ個人で感じる「価値」を認識し、メンバーと共有します。そしてその「価値」をどのように伝えるのか、活かすためにはどのような仕掛けが必要なのか、一生懸命に考えました。自分たちのできることは何か、「気づき」や「思い」を言葉やかたちにする作業は容易ではありませんでしたが、積極的に先輩方もこの授業に参加してくれたおかげで、話し合いも活気付き、多くの視点からマップ作りを捉え、完成させることができました。

このプロセスから「魅力」を目に見えるかたちにしたり、言語化することで地域の活性化につながることを学びました。地域ブランドの発信やマスメディアに注目される機会づくりなど、学生の思う「価値」や「魅力」が発信されるとき、地域にとってひとつの「成果」をもたらす可能性となるでしょう。