お問い合わせ

English

函館大学 > 公開講座 > 2016秋期公開講座の受講者を募集します

公開講座

公開講座

2016秋期公開講座の受講者を募集します

2016年10月11日公開講座

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。 2016年度は「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。(会場は函館大学)

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。 電話:0138-57-2535 ファックス:0138-57-2536 メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

 

秋期教養講座

第1回  11月5日(土)  13:30~15:30 箱館・夢のまち 函館大学 教授 小林 裕幸 

18~9世紀の箱館は、国内の有為な青年たち、故郷に錦を飾るべくやって来た人たちが、努力次第で夢を実現出来る素晴らしい土地であった。15代続いた徳川幕府は、天草の乱を例外として、永く続いた戦国時代以後、我が国に久々の安定と平和を実現した。その治世の柱「鎖国」は、周囲が全て海という状況を考えると良く守られたが、江戸から遠い琉球と蝦夷地には幕府の厳しい目も中々届かなかったようだ。その蝦夷地に交易や不凍港を求め、18世紀になるとロシア人や船が頻繁に来航するようになった。当時の幕閣は、ロシアを「赤蝦夷」と恐れて国防対策を立案し、又、蝦夷地に眠る豊かな資源開発を目指して、「ゆめ溢れる開拓」に着手した。本日は、18世紀後半の箱館や、表記が「函館」と変わる時代に夢を追い求めて来箱した人物、そして、当時国内随一の国際開明都市であった箱館の姿を辿る。

 

第2回 11月26日(土)  10:00~12:00 ドラマに見る経営学 函館大学 専任講師 井上 祐輔

近年、『半沢直樹』や『下町ロケット』のヒットのように、組織の中で次々と直面する困難を主人公が克服していく社会派ドラマが、続々と放送されています。また、NHKの朝の連続テレビ小説でも、ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝をモデルとした「マッサン」、大同生命と日本女子大の創設に参画した広岡浅子をモデルとした「あさが来た」、『暮しの手帖』の創刊・創業した大橋鎭子をモデルとした「とと姉ちゃん」、ファミリア創業者のひとり坂野惇子をモデルとした「べっぴんさん」など、企業家に注目するドラマも多数放送(予定)されています。  本講座では、このようなリアリティのあるフィクションとして、ドラマを題材に「組織の中のヒトと行動」についてお話ししたいと思います。

みなさまのご参加をお待ちしております。

2016%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7