お問い合わせ

English

函館大学 > 卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

 卒業生インタビュー

山﨑 雅文さんの画像

不条理・不合理を経験することで真の成長がある

平成10年3月
山﨑 雅文さん
株式会社 ニッコー
神奈川県・横浜商科大学高等学校 卒業

久しぶりに本学を訪れ、恩師と昼食中のところを突撃インタビューさせて頂きました。 『自分の学生だった当時のことを教えてください。』 『自分が大学生だったころを振り返ると、中途半端だったなと感じます。教員を目指して函館大学に進学し、資格も取り実家のある神奈川県で教員職を探していました。しかし、何度試験を受けても採用されず、今思えば気持ちに迷いがあったんだと思います。前から実家の手伝いはしていましたが、本格的に気持ちを入れて臨むようになったのは、経営者の知人の影響が大きくありました。今では、末端のお客様が安心して美味しいと言ってくれる、本物の味を届けたいと、食品製造だけではなく、その素材にまでこだわり農業法人まで設立し、日々精進しています。』 『学生へのメッセージをお願いします』 『仕事柄採用する立場にあり、日本の学生について感じることがあります。従業員の中にインドネシアの研修生がいるんですが、彼らと比較すると日本の学生は、控えめで謙虚に一見見えますが、もう少し積極的で主体性・忍耐力があると一層魅力的だと思います。是非、いろいろなチャンスに恵まれたら仕事を選ばず、何事にもチャレンジするという精神を大いに発揮して一生懸命に働いてみるといいと思います。仕事のスキルも大切ですが、人としての成長なくして、よい人生は送れません。大変な思いを経験してきた人ほど、仕事力も人間力も成長すると私は信じています。』 記者より一言。山﨑雅文さんは、現在株式会社ニッコーの社長としてご活躍されていらっしゃいます。本学のビジネス企画研究室のグルメ班の学生達からも慕われ、規格外のジャガイモを製品化するプロジェクトの際にも頻繁に飛行機で駆け付けて下さり、学生達に指導して下さいました。このような機会を通し、学生達がどれほど学び、自信をつけることができたかを思うと感謝のほかございません。今後もご指導の程よろしくお願いいたします。

2017年10月17日

東 麗奈さんの画像

商学実習の培ったチーム達成感を今でも活かし活躍しています。

平成28年3月
東 麗奈さん
株式会社 イング
北海道七飯高校 卒業

私は、函館大学に入学した当時、英語が大好きで、英語を集中的に勉強したいと思い、「英語国際コース」を選択しました。しかし、学ぶうちに、市場に興味が沸き始め、悩んだ末に、途中で「市場創造コース」にコース変更しました。自分の学びを第一に考えて下さり、コースなども変更可能な大学であり、本当に良かったと思いました。教職員の皆様には、当時、本当によく相談にのって頂き、感謝しています。私は、もともとファッションが好きで、就職はできればアパレル関係がいいなとずっと考えていました。その中でも「INGNI」はデザインなどしっくりするお店だったので、そこの店員さんになりたいと思い、一生懸命就職活動を頑張りました。3次面接を突破し、希望のお店で働くことができました。今は、お客様への対応が主な仕事ですが、店員さんのセンスが素敵と言われ、自分と同じコーディネートで洋服を買っていかれるお客さまもいて、働き甲斐があり、本当に毎日楽しく働いています。大学の学びの中で、私の経験からお伝えできるのは、チームとしての達成経験です。大学祭で電気自動車について研究成果を発表したことがありましたが、研究は全てチームで行っていました。それ以外にも、函館大学ならではの商学実習の授業などチーム活動が多く、その中での分担作業、チームとして目標達成。一体感を持ち、それぞれの持ち味を生かして研究を成功へと導く作業。この経験は、今の職場にも活きています。目標は、売上ということになりますが、やっていることはチームプレイで同じです。売り上げ目標が達成されたときは、チームとしてやり遂げた達成感があります。このチームで行っていた商学実習の時のような、達成感を今でも味わっています。商学実習があって本当に良かったと思います。最後に、高校生へのメッセージとして、自分からできるだけ多くの進学相談会やオープンキャンパスなどに参加してみることをお勧めします。実際に希望の大学に行って話を聞き情報をたくさん集めることで、より的確にその学校の分析ができるようになると私は思っています。そして自分で決めた進路や決断なら、どんなに辛いことがあっても乗り越えようと頑張ることができるからです。目標を立てることで、その先が明確になってくることもあります。迷ってもいいので、しっかり情報を収集し、分析し、自分で最後は決断して自分の進路を決めてください。

2017年10月02日

大崎 陽平さんの画像

よく学び、よく遊べ!~函大時代の野球部の経験がいきる~

平成23年3月
大崎 陽平さん
株式会社 サカイ引越センター 勤務
函館大学付属有斗高等学校 卒業

僕は、函館大学を卒業し、サカイ引越センターに努めて6年になります。そこでは営業をしています。北海道ブロック営業決定率第1位で表彰されました。この営業決定率というのは、引っ越しの見積もりなどが欲しくて会社に依頼してくるお客様がいますが、僕が訪問した先のお客様は殆ど他社ではなく、僕に依頼してくるということです。顧客決定率が全道の中で1位ということで、お客様に信頼されなければ達成できないものだと思っています。営業で気を付けているのは、お客様には常に誠実に接し、お客さまが今何を望んているのか、個々の要求にできるだけこたえるようにサービスを提供しています。僕は、函館大学の野球部に所属し、マネージャーをしていました。主に練習試合のスケジュール調整・管理、他大学との調整、またすべての金銭管理もしていました。この時の経験が、今非常に役立っています。上司にも言われますが、僕は、忍耐力があり、何があってもめげずに着実に自主性を発揮して、これがだめならこうしたらどうかと次々チャレンジする社員のようです。この粘り強さは、やはり函館大学での経験が大きかったと思っています。一つ後悔しているのは、学生時代に「経営学」をしっかり学んでおけば良かったと思っています。僕は当時、ビジネスアスリート専攻塾というコースを選択していました。それでも「経営」「会計」など沢山の授業を学ぶチャンスはありました。今その知識があれば、どれほど今の仕事に活かされていたのかと思うと悔やまれます。高校生の皆さんに贈るメッセージとして、大学は、高校の時と違ってカリキュラムを自分で作成したり、選択科目によっては沢山時間ができると思います。是非その時間を有効に使ってほしいです。『よく学び、よく遊ぶ』、この2つに尽きます!皆さんも後悔しないように、学ぶときにしっかり学んで、遊びからもたくさんの学びがありますので、しっかり遊んでほしいとも思います。

2017年10月02日

松谷 友梨亜さんの画像

今できることをしっかりやる!

平成29年3月
松谷 友梨亜さん
株式会社 エービーシー ・マート
函館大学付属柏稜高等学校 卒業

先生になりたいと思い函館大学に入学しました。しかし入学後、様々な学びや経験を積むうちに自分の強みや特性が見えはじめ、接客に興味を持つようになりました。就職先は、主に接客業で探し、エービーシー・マートを希望し、採用いただきました。この度、新入社員の中で全国売り上位に入ることができました。函館大学の学びで、特にこの教科が役立っていると言うよりも、全ての授業を通して指導されていた『人に伝える力』や学外の人たちとお会いする機会が多く自然と『コミニュケーション能力』や『ビジネスマナー』を身に付けることが出来ました。また自分では卒業当時気が付いていませんでしたが、社会に出て耐性が身に付いていたのだと実感してました。大学で、耐性が身に付くと言うのはおかしいかもしれませんが函館大学に来たからこそ、この耐える力が身に付いたと感じています。生徒と教職員の皆さんとの距離が近く、充実した大学生活を送りました。 これからは、今できることをしっかり積み上げていきたいと思っています。高校生の皆様には、学生のうちが一番時間が作りやすいと思うので、是非この時を大切に、やれることは積極的に一生懸命に挑戦してほしいです。必ず全ての経験が自分の力になると思いますので。

2017年09月29日

亀本 佑也さんの画像

インターンシップには積極的に参加してみて欲しい

平成29年3月
亀本 佑也さん
ネッツトヨタ函館株式会社
函館大学付属有斗高等学校 卒業

元々、地元志向が強い私は、高校生の時、大学くらいは卒業した方がいいかなぁと何となく考えていました。地元にある函館大学を選択し、何となく受験したのを覚えています。しかし、今では本当にこの大学に来て良かったと思っています。それは、人と人との繋がりが増え、人生が豊かになりました。また高校時代とは比べ物にならないくらいの多くの経験を積むことができたからです。その一つに、商学実習という必須科目があります。学生が地域を題材にして問題を見つけ、その問題解決のために様々な視点から取り組んでいる授業ですが、私は、太平洋セメント工場を訪問したり、函館市民が主催で行っている野外劇の調査やまた野外劇で地元の商業高校と連携(コラボ)して出店をだしたりしました。学内だけではなく、学外でも学びの場があるのですが、この授業を通し、学外の方たちと接することに抵抗がなくなりました。その経験は今の職業にも活きていると思います。現在私は、自動車販売の営業の仕事をしています。お客様とひとことで言っても色々な方がいらっしゃいます。今お客様が何を望んでいるのか、どう接するべきか、大学での経験が活かされています。また学生時代、インターンシップ制度を利用し、ネッツトヨタ株式会社に行かせて頂きました。その時の経験が基になり現職場を希望しました。これから大学生になろうとおもっている学生へメッセージをと言われましたが、私は、できるだけ積極的にインターンシップを利用し、興味のある職種や企業に行ってみた方がよいと思っています。イメージだけでしか知らない職種や企業も実際に行ってみることでよりその会社への理解が深まり、仕事内容などが詳しくしれるからです。

2017年09月22日

坂本 紫具磨さんの画像

大学で経験したこと、学んだことが今の私の財産です。

平成23年3月
坂本 紫具磨さん
函館商工会議所 企画情報課 勤務
北海道函館商業高等学校

私は、高校時代より函館での就職を希望しており、地元就職についての情報が豊富で、市内の企業との繋がりが強い点、留学制度や英語学習に係る科目をはじめ、経営学や経済学等の商学科目が充実している点に魅力を感じ、函館大学へ入学しました。会議所への就職は、所属ゼミの教授やキャリア開発課の皆様が採用情報の提供や学内推薦、就職試験の指導・アドバイス等、手厚くサポートしていただいたおかけで合格することができました。この大学では、教授・事務局の方々と学生との距離が近く、学生をよく観ていてくださり、困ったこと等、気軽に相談できる環境にあったので、安心して大学生活を送ることができました。関係者の方々には、とても感謝しています。  就職先である函館商工会議所は、〇中小企業を中心とした市内企業様への経営サポート 〇新幹線の整備充実・イカの不漁問題等の地域の時事課題をテーマとした諸会議(部会・委員会)の開催や要望活動 〇五稜郭祭、函館港まつり、クリスマスファンタジー等の地域イベントの運営 〇各種検定試験の施行・運営等、地域経済の発展を目的に様々な事業を展開しています。 その中で、私は、広報誌の発刊等を通じ、上記の事業活動やサービスのご案内を会員事業所の皆様へ情報提供する広報活動や各種検定試験の施行・運営を担当させていただいております。広報誌の編集業務では、会議所で行われた地域経済をテーマした会議等の記事を作成することがあり、情報元となる資料を正しく理解することやわかりやすい文章表現、適切な用語選び等が必要となる仕事です。大学での経営学や経済学をはじめとする商学の講義では、経済用語や経営の事例等について触れることができ、今の業務に活かされているように思います。 また、オーストラリアへの短期留学、大学に留学してきた外国人学生との交流を通じ、日本人と外国人の考え方や慣習の違いに触れ、英語そのものだけでなく、外国人とのコミュニケーションにおける感覚的な部分でのコツも学ぶことができました。現在、仕事で英語を使うことはありませんが、困っている様子の外国人観光客の方がいれば声をかけ、道案内等をすることがあり、そういった場面でこれらの経験が活かされているように思います。外国人観光客受け入れ体制の強化等、市内でも国際化の動きが進んでおり、本会議所でも観光おもてなしの向上や外国人留学生受入の強化に関する事業も展開されています。今後、こういった業務に携わることがあれば、大学時代の経験を役立てたいです。  大学は、教授や市外から入学する学生、外国人留学生等、様々な立場、価値観を持った人と出会える場所です。講義だけでなく、課外活動や学内イベント等にも積極的に参加し、交流の輪を広げることで今まで自分の知らなかったことの発見や新たな価値観の創造に繋がるはずです。

2017年09月21日

太田 泰稚さんの画像

好きなことをしながら自分と函館を見つめることができた4年間

平成29年3月
太田 泰稚さん
函館商工会議所 企画情報課 勤務
函館大学付属有斗高等学校 卒業

生まれも育ちも函館の私は、高校時代から地元志向が強かったため、函館と密接につながっている企業への就職を希望していました。それにはやはり経営学や会計学を通して函館の経済について学ぶ必要があると感じました。 そのため、企業経営に関する科目が豊富で地元企業と繋がりがある函館大学は、まさに私が希望していた大学でした。 在学中は財務・会計を中心に、興味のあった地域振興についても学びました。ある講義で、函館の少子高齢化の進む現在の函館の福祉制度や経済への影響、公共交通機関等のインフラについてなど、実際に街に出向いて地元企業の方を交えてグループディスカッションをしたことがあり、とても深く印象に残っており、とても楽しかったのを覚えています。 現在、私が勤めている函館商工会議所は、函館地域の経済振興発展のため、地域イベントの運営・各種検定の運営・経営支援サービス・そして現在、私が担当している福利厚生支援サービスなど広範多岐にわたり、函館の経済の発展をサポートしています。 このような仕事に就くことができたのも、函館大学のキャリア開発課の方をはじめ、事務員の方や教授が親身になってサポートしてくれたおかげだと、感謝の気持ちでいっぱいです。 余談ですが、これから大学進学を考えている高校生のみなさん、大学在学中の学生さんの中に、どんな仕事に就いたらいいか分からないという方がいると思います。そういう学生さんはぜひ、様々な業種のアルバイトをしてみることをお勧めします。きっとその中に将来やりたいと思う仕事のヒントが隠れていると思います。私も実際に現場に入ってみて、そこで働く人の生の声を聞けたのはとてもいい経験になりました。また、函館大学では、大学が設けているキャリアガイダンスや業界研究会、インターンシップなどがありますが、そういったものにも積極的に参加してみて下さい。

2017年09月21日

相馬 悠吾さんの画像

やり遂げることで得る力

平成29年3月
相馬 悠吾さん
メイホク食品株式会社
函館大学付属有斗高等学校 卒業

小学生で始めたハンドボールを高校生までずっと続けてきました。自然に大学に行っても大好きなハンドボールを続けていきたいと思っていました。北海道1位の強豪チームが函館大学にあることを知っており、憧れを抱いていた函館大学に、進路指導の先生の勧めもあり、迷わず入学を決めました。入学してからは、商学の勉強もしながら、道内1位のハンドボール部員として練習に参加できることに喜びを感じていました。一生懸命先輩たちに負けない良い成績を残せるように努力しました。監督からは沢山叱られ、本当に厳しく指導していただきました。先輩・後輩に支えられ一緒に過ごした時間を今でも昨日のことのように覚えています。大学進学に伴い課外活動などをあきらめる人も多いと思いますが、できるだけ高校生の皆さんには部活動に入っているならそれを続けていって欲しいと思っています。なぜなら、私はこの課外活動から忍耐力、精神力、体力、コミュニケーション能力など社会に出て本当に役に立つ力を養うことができたからです。函館大学では、実習やゼミ活動など幅広い年齢層の人と交流する機会が沢山あります。様々な人たちと触れ合う中で、社会人として必要なマナーも体得できたと思います。第一希望の会社に入社することができ本当にうれしく思います。毎日大変なことも多いですが、これからも自分らしく日々進化していきたいと思います。

2017年08月14日

棟方 和磨さんの画像

部活動から学んだこと

平成29年3月
棟方 和磨さん
トヨタカローラ函館株式会社
青森商業高等学校

函館大学に来た理由は、大学に行ってもソフトテニスを続けたくて、それと親元を離れて一人暮らしをしたいなと思ったからです。入学してからは教員免許を取得するために勉強も頑張りました。きちんと教員免許は取りましたよ。実は、社会人になって感じるのは、勉強はもちろん大事ですが、人間力というか人間関係を築く力やコミュニケーション能力がとても大切だと思いました。営業なのでいろいろなお客様に日々接していますが、コミュニケーションの力は1日、2日では身につくものではありません。僕の場合、そういった力を部活動から体得していたので、体験から自然に対応することができました。 高校生にアドバイスするならば・・・やりたいことはやったほうがいい!でもその意味をはき違えないように!責任という言葉の意味をよく理解してほしい!

2017年08月09日

菅野 直樹さんの画像

多くの人と話す機会を持つのがポイントです。

平成29年3月
菅野 直樹さん
函館スズキ販売株式会社
函館大学付属柏稜高等学校

今日は、大学時代にお世話になった津金先生に挨拶しようとやってきました。インタビューを受けることは想像もしていなかったので緊張します。 実は、親の勧めもあり、函館大学に入学たんです。地元ということと、知り合いも多くいたので、安心して入学したのを覚えています。硬式テニス部にも所属していましたが、僕が大学3年生の時、「ビジネス企画研究室同好会」ができました。興味があり入部しました。そこでスーパーにも並べられない捨てられてしまう規格外のジャガイモの存在を知り、何とか商品化できないか、みんなでその課題解決に向け取り組むことになりました。農家でも処分するためにお金を出して捨てていたジャガイモが、多くの方の協力を得て、何度も商品開発を繰り返しながら、冷凍食品化することに成功しました。そういった経験から今まで自分にはなかったプレゼンテーションをする能力が身に付きました。人前に出ることも苦手ではなくなりました。 高校生の皆さんへ何かアドバイスするとしたら、大学は勉強だけをするところだとは思いません。立派な社会人になるためにも、学業もそうですが、できるだけ多く人と話す機会を持ってもらいたいです。人と話すことで、自分自身を成長させることができると思うからです。そして社会に出てみると、自分が想像していた以上に未熟であると実感しました。少しでも高校生の皆さんには、大人として、社会人として成長するためにも、謙虚に人の意見にも耳を傾け、多くの人と交わり、コミュニケーションを楽しんでほしいと思います。頑張ってください。

2017年07月26日

1 / 3123