お問い合わせ

English

函館大学 > 新着情報 > 青森商業高校・函館商業高校との高大連携事業が行われました

新着情報

新着情報

青森商業高校・函館商業高校との高大連携事業が行われました

2016年11月14日新着情報

11月10日、11日の2日間にわたり、函館大学と高大連携協定を結ぶ青森県立青森商業高等学校、北海道函館商業高等学校と本学との3校による連携事業「企画立案実習」が行われました。今年度のテーマはインバウンドを対象にした「冬の青函観光プラン」です。

今回は、青森商業高校から8名の生徒、函館商業高校から8名の生徒、大学から4名の学生が函館大学に集まり、JTB北海道函館支店様の「着地型観光商品の企画と集客に向けたマーケティング戦略」という講義を、また大学からは津金准教授による「観光プラン作成に求めるもの」のお話しをしていただき、更には9月に開催された「海洋観光大学東日本キャンパス教育旅行研究大会」で最優秀賞を受賞した在学生チーム「シーピーポー」のプレゼン発表を見る機会も設定しました。

これらの講義を基に、生徒たちは4つのグループに分かれ、プラン作成に取り組みました。
初対面同士でのグループワークではじめは戸惑いもありましたが、大学生のリードのもと意見を出し合い、次第に打ち解け合う姿がみられました。

最終的に出来上がったプランは「10代から30代個人向けデートプラン」「プロポーズ大作戦in青函」「家族で楽しむ青函の冬」「冬の青函観光プラン」となりました。
講評では短時間の中で、ここまでまとめ上げられたのはチームワーク良く出来た結果ではないか、またこの経験を今後に生かしてほしいという期待される内容のコメントをいただきました。生徒たちは他のグループのプレゼンを聞いて、とても刺激になった。新たな目標が見つかったような気がするという意見も多くまた、これからもさまざまな視点から何かを考えていけるように頑張りたいという意欲ある感想も上がっていました。

2日間という限られた時間内に企画書を作り上げるという中、それぞれ役割分担し、真剣な表情で作業に取り組んだことは、普段の授業ではなかなかできない貴重な経験になったことと思います。
今後も、高校生、大学生にとって意義のある連携事業を行っていきたいと思います。
参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

img_5897 img_5899
img_5902 img_5928
img_5916 img_5943
img_5969 img_5999