お問い合わせ

English

函館大学 > 新着情報 > 第2回 はこだて学生政策アイデアコンテストで最優秀作品グランプリ賞を受賞しました。

新着情報

新着情報

第2回 はこだて学生政策アイデアコンテストで最優秀作品グランプリ賞を受賞しました。

2017年11月27日新着情報

『第2回 はこだて学生政策アイデアコンテスト』が2017年(平成29年)11月23日(金)北海道教育大学函館校で開かれました。

このコンテストは、一般社団法人 はこだて地方創生研究会が中心となり、函館を元気にするには?函館が抱える様々な問題を捉え、どうやってその問題を解決すべきなのか?従来の枠に捉われない自由な発想をしてもらいたいと、高校生や大学生の皆さんが政策アイデアを発表するコンテストです。
大学以上の部では、函館教育大学、青森大学、明治大学、青森公立大学、北星学園など7大学、8チームがエントリーしました。本学、ビジネス企画研究室の6名のメンバーで構成されたチーム、SOUTH☆DORAGON (サウスドラゴン)』 が最優秀作品グランプリ賞に輝きました。
彼らは「台湾との教育旅行による地域活性化」をテーマに発表を行いました。函館と台湾の直行便の利用を継続的にしていくことで、両地域の交流人口拡大や早い段階に海外に触れておくことで、高校生自身の成長やこれからの国際化社会に対応していくことを目的としています。
今回、本大会に参加した学生達は、大学に泊まり込みながら発表資料の作成やプレゼンテーションの練習を重ね、発表に臨みました。今後も引き続き、函館・台湾両地域でのフィールドワークを重ね、調査を進めていく予定です。
関連ホームページは以下をご確認下さい。

 

ビジネス企画研究室が最終週グランプリを獲得しました!