お問い合わせ

English

函館大学 > > 平成29年度 高大連携事業報告 ~青森商業高校・函館商業高校・函館大学~

新着情報

新着情報

平成29年度 高大連携事業報告 ~青森商業高校・函館商業高校・函館大学~

2017年12月21日新着情報

2017年12月14日(木)、15日(金)と2日間に渡り、高大連携事業の取組で『青森商業高校』『函館商業高校』の合計16名の高校生と本学の学生4名、中国からの留学生6名が海外高校生向けの青函修学旅行プラン作りを行いました。

今回の目的は・・・

①他校生徒、大学生と話し合いや企画立案を通し、コミュニケーション能力を身につけること。

②青函連携の機運を高めること。

③旅行代理店監修のもと企業に提案できるレベルの企画書作成を実践することで、社会を身近に感じ進路について広い視野を持つこと。

この事業が開始されてから既に10年以上の月日が経ち、参加する高校生は毎年楽しみにしているようです。学内でも優秀な生徒が選抜され、限られた時間を大学生と共に過ごします。時折大学生にリードされながら初めて会う他校生徒と交わり、緊張しながらも与えられた課題研究を行っていきました。

1日目に、JTB北海道函館支店 櫻井和宏営業課長様が現在の訪日外国人客の動向について説明して下さり、中でもインバウンドは、道内の旅行客より10倍お金を使う傾向があり、経済効果が期待されていることやどういったイベントが外国人旅行客に人気があるかなど分かり易くお話を伺いました。普段の授業で聞かない内容に真剣にメモを取っていました。

続いて本学の津金准教授より講話があり、旅行プラン作成について気を付けるポイントやグループワークなどを行いました。

中国から来た留学生に意見を求めながら青函の魅力を最大限に打ち出せる旅行プラン作りをし、パワーポイントを駆使しながら企画書づくりに一生懸命です。

最終発表は本学262大講堂で行われ、高校生・大学生ならではの枠にはまらない旅行計画の提案に、JTB櫻井様からも高い評価をいただきました。