お問い合わせ

English

函館大学 > > AsahiWeekly「翻訳コンテスト」に国際英語活動同好会メンバー3人が入賞!

新着情報

新着情報

AsahiWeekly「翻訳コンテスト」に国際英語活動同好会メンバー3人が入賞!

2019年07月17日新着情報

2019年7月13日(土)、Asahi Weekly 翻訳コンテスト「第52回英文ライティング道場」において、「国際英語活動同好会」のメンバーである、最上 芽那英さん、石川 圭さん、向井 吏功さんが、応募者総勢161名の中からそれぞれ入賞を果たしました。

「国際英語活動同好会」は、本学が目指す「多様化する国際社会の発展に貢献できる人材」育成に寄与すべく、「資格試験なども見据えた英語運用力の向上」、「国際活動を通したグローバル・マインドの育成」、「学術分野における実学経験の獲得」の3点を活動の軸として本年度に設立されました。顧問を務める本学専任講師の阿武  尚人先生と共に、学生自身が主体的かつ自主的に活動を繰り広げており、本受賞もその成果の一つとなります。

 

詳細は以下の通りです。

 

受賞結果

【最優秀賞】最上 芽那英さん(商学部 商学科1年生)

【優秀賞】石川 圭さん(商学部 商学科1年生)

【佳作】向井 吏功さん(商学部 商学科1年生)

 

お三方の喜びの声を以下にお伝えします。

 

最上さん:

今回、最優秀賞に入賞できたことはとても嬉しいです。実は前回のコンテストにも挑戦していたのですが、入賞に至らず、その経験をしっかりと自省して今回の翻訳に臨みました。高校生の時から英語にとても興味があり、もっと英語を深く学び、かつ商学も学ぶことができる函館大学に魅力を感じて入学しました。まだ入学して間もないですが、このような翻訳コンテストをはじめ、学会発表への聴講・ハーバード大学などの訪日留学生への英語でのガイド活動の挑戦 など、実学を通して自身の成長を感じることができ、日々やりがいをもって学生生活を送ることができています。専門的視座から常に温かくご指導頂いている阿武先生、さらには、こうした学びの場を整備頂いている函館大学の教職員の方々にこの場をお借りして改めてお礼申し上げます。

 

向井さん:

今回の翻訳コンテストの応募はちょうど、本同好会のメンバーで札幌の学会に参加していた時と時期が重なり、スケジュール的に大変でした。単に「忙しいから出来ない」というのは誰でも言えることであると考え、時間が限られているからこそ効率的に臨むことが重要であるのではないかと自省しました。その結果が今回の受賞に至り、今後の人生の指針となりました。次回も入賞を目指します。

 

石川さん:

本コンテストに応募するにあたり、入賞などの成果を求めるよりも「まずは挑戦することに意義がある」、また、「そのプロセスの中で自分の能力を磨いていきたい」ということをテーマとしていました。そのため、入賞ももちろん嬉しいことですが、その過程で本同好会のメンバーと切磋琢磨できたことが一番の経験だったと思います。

 

今後も、「国際英語活動同好会」は、学生自らの主体性・自主性のもと、日本と海外との橋渡しとなる国際的役割を担う人材育成を進めていきます。