お問い合わせ

English

函館大学 > 教員地域連携テーマ一覧

函館大学 教員地域連携テーマ一覧

教員名 担当科目 地域連携テーマ
地域連携の実績
永盛 恒夫
(ながもり つねお)

副学長・教授
法学
民法
日本国憲法
市民の日常生活にかかわる法的問題、とくに消費者の保護、救済に関する問題の処理、あるいは消費者教育について
NPO法人函館消費者協会理事
本学公開講座「あなたの財産を守るためには?」
若松 裕之
(わかまつ ひろゆき)

学部長・教授
管理会計論
原価計算論
統計学
アルゴリズムとプログラミング
教養ゼミナール
企業内情報システムの効果的活用・比較経営分析など
・函館市公共施設に関する調査
・本学公開講座「ネットワーク社会の会計 ~ITと会計~」、電気自動車の普及と課題 ーユーザーの視点からーを開催   
今井 敏博
(いまい としひろ)

教授
会計学総論
企業分析論
財務諸表論
商学実習
専門ゼミナール
会計学が専攻ですので、企業のいわば財布の中、お金勘定が関連します。
本学公開講座「日本人のお金の考え方はどこから来たのか?-『太平記』などから読む経済・倫理思考ー」
田中 浩司
(たなか ひろし)

教授
歴史
日本史概論
日本経済史
教養ゼミナール
商学実習
専門ゼミナール
日本経済史ゼミナールの担当で、専門は京都を中心として地域の室町・戦国時代の経済(財政・貨幣・金融)史です。商学実習も担当しており、文化財と観光を頭におきつつ、数量的な検証を心がけています。そのへんで何かお役に立てればと思います。
キャンパス・コンソーシアム函館主催の合同公開講座「函館学」では、函館志海苔出土銭について、北斗市の成人大学では、室町幕府の財政について、講演を行いました。
寺田 隆至
(てらだ たかゆき)

教授
産業構造論
日本経済論
商学実習
専門ゼミナール
ゼミナールでは、学生が感じた地域産業・経済に関する疑問を、歴史的・実証的に解明する研究をしています。この数年は、地域の経済的格差という問題を地域産業のあり方から考察し、その解決策を考えることを大きなテーマとしてきました。地域連携についても、地域産業・経済の様々なテーマについて、歴史的・実証的に研究するという方法でアプローチしたいと考えております。
・本学公開講座「戦後日本経済の歩みから学び直す『経済の見方』」(2016年)
・本学公開講座「道南観光へのー視点ースポーツイベントの調査結果とスポーツツーリズムー」(2010年)
・高校出前講義「プロフェッショナルへの道」(2016年、倶知安高校)
片山 郁夫
(かたやま いくお)

教授

researchmap
簿記原理Ⅰ・Ⅱ
高等簿記Ⅰ・Ⅱ
会計監査論
・簿記テキストの説明方法を中心として、帳簿記録と財務諸表との関連性を重視する観点から研究しています。
・大学レベルでの簿記・会計教育はもちろんですが、高校レベルのそれらのあり方にも関心があります。
・授業公開(簿記原理Ⅰ・Ⅱ:2013年度以降、今年度まで継続)
・高校出前授業(2013.7.17:市立函館高校「企業と会社と人間と」)
・本学公開講座「ロビンソン・ クル-ソ-と簿記ないし会計」(2007年度)
石井 晋良
(いしい しんりょう)

教授
商業史
西洋経済史
西洋史概論
教養ゼミナール
ヨーロッパの中世都市の比較研究。仏・独・英・その他の国々の中世都市の特色と機能の究明。
本学公開講座「近代資本主義社会の形成過程について」
田部井 英夫
(たべい ひでお)

教授
経済学
マクロ経済学
国際経済学
海外事情
経済学関連科目[経済学Ⅰ・Ⅱ、マクロ経済学、国際経済学、海外事情(ヨーロッパ経済論)]を担当しております。講義を通じて、「グローバルに考え、ローカルに行動」しうるグローカル人材の育成に努めております。
柏木町商友会・市主催「きれいな街づくり市民フォーラム」、函館アカデミック・フォーラム等での基調講演。函館山登山道交通渋滞問題、函館駅周辺空間整備、生涯学習推進、中央図書館建設問題等に携わってきました。現在、行政懇談会委員を務めています。
小林 裕幸
(こばやし ひろゆき)

教授
リーダー論
スピーチ&プレゼンテーション
函館地域振興論
箱館時代(幕末)のすぐれた人物を研究しながら、現代の函館の繁栄につながり、更なる発展への道を探って参ります。
NPO法人地域対話士協会きずな専務理事
函館文化会で講演等や函館新聞、日刊政経情報への寄稿など 本学公開講座「箱館・夢のまち」開催
西村 淳
(にしむら じゅん)

准教授
地域経済論
ミクロ経済学
商学実習
専門ゼミナール
地域経済論を担当しています。どのようにすれば、函館市の経済が勢いを増すのかに関心があります。そのためには、かつて勢いの在った時代のこと、現在の函館の状況、あるいは函館を取り巻く環境の状況を調べたいと思っています。
北海道新幹線が開通による新幹線の需要に関する調査/道外の人の函館と札幌に関する認知度調査/函館市民が考える中心市街地に関する調査/函館観光満足度調査/函館のお土産に関する調査/函館の商売人の潜在意識に関する調査
坂野 学
(さかの まなぶ)

准教授
中国語
原書講読
海外事情
日本文化論
日本文学
教養ゼミナール
中国の文学と社会について研究しています。
本学公開講座「満洲発『函館地震を救済せよ』…って何!?」
・1960年の日本文学代表団中国訪問旅行を再検討するを開催
津金 孝行
(つがね たかゆき)

准教授
経営情報システム論
コンピュータ基礎
コンピュータアーキテクチャ
商学実習
専門ゼミナール
湯の川温泉地域の夜の賑わい創出を目的とし、台湾の夜市をモデルとした湯の川温泉夜市の企画と検証を学生と共に進めています。そこでは、地域のコミュニティー創り、観光客と地域住民の出会いの場創り、それを核としたビジネス創りを目指しています。
・地域活性化を目的とした、湯の川温泉夜市の企画とその検証
(2016-2018継続中)
・北海道新幹線の開業前と開業後の関連沿線自治体の状況調査と考察
(2015-2017)
山田 康夫
(やまだ やすお)

准教授
英語文学
英文学
アメリカ文学
英米文学史
英語
英語基礎演習
英語特別演習
「日本における英米文学関係の常識」というテーマで、一般常識として知っておいてほしい英米文学の知識についてお話できるかと思います。また「英語の読み方」というテーマで英語を効率よく学ぶ方法などについてもお話できるかと思います。
本学公開講座で英文学、特に小説や劇について講義しました。
大橋 美幸
(おおはし みゆき)

准教授

researchmap
ブログ
社会調査
社会学
社会福祉論
教養ゼミナール
商学実習
専門ゼミナール
地域学ゼミナールを担当しています。学生と近隣に出かけてまちづくりに取り組んでいます。インバウンド観光や周遊観光の調査をしたり、イベントの経済波及効果を分析したりしています。各種団体とマーケティングや満足度調査、市民の意向調査などを一緒にさせていただいております。声をかけてください。
・北海道新幹線の利用状況調査
・函館マラソンの出場者アンケート
・奥尻島への移住に関する調査
・生涯活躍するまちに関する調査
井上 祐輔
(いのうえ ゆうすけ)

准教授
経営学総論
経営組織論
経営戦略論
国際経営論
教養ゼミナール
商学実習
経営学関連科目を担当しています。組織や社会に根づき定着した社会制度(文化、慣習、考え方)をどうすれば変化させることができるのか、社会や組織の中で新たに制度を作り出すためにはどうすれば良いのかについて研究しています。具体的には、組織間のパートナーシップの形成プロセスや、地域資源の利用・定着に関する調査・研究を進めています。
アンケート調査(函館スイーツ/函館の温泉施設/函館における外国人観光客の観光マナー)、体験型出前講義(組織化の方法について等)、行政とNPOのパートナーシップの調査(行政事業の受託に関して:神戸)、学内冊子・観光冊子の作成(函館市内企業の紹介記事の作成)など。
角田 美知江
(つのだ みちえ)

専任講師
マーケティング総論
マーケティング戦略論
広告論
流通論
消費者行動論
専門ゼミナール
マーケティング関連科目を担当しております。管理栄養士であり、食品企業での製造工程管理、商品開発業務を担当しておりましたので、素材の特性、開発時のリスク管理、製造工程管理、企画など、地域特有の素材を利用した商品の開発、販売企画等をしていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。
・中小規模の食品工場の品質管理システム構築(ISO22000および北海道HACCPの取得支援)、ブランド食材を使用した商品の企画開発など
・学生の海外調査プロジェクトである函館アジアマーケティング研修会において、地域企業の海外進出について指導および調査結果を公開
髙橋 伸二
(たかはし しんじ)

専任講師
英語リーディングⅠ・Ⅱ
ビジネスイングリッシュⅠ・Ⅱ
国際マーケティング論
国際貿易論
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
本学公開講座
「東南アジア諸国における日本企業の役割と今後の展開」~海外ビジネスよもやま話~
阿部 ジョスリン
(あべ じょすりん)

専任講師
イイングリッシュ・コンポジション
メディア・イングリッシュ
グローバル・カルチャー・スタディーズ
函館の高齢化社会を元気づける一つの方法として、生涯教育が考えられます。話すこと、聞くこと、そして読むことをバランスよく取り入れてリラックスした中で学ぶことは、積極的に学ぶこと(アクティブラーニング)や精神衛生(メンタルフィットネス)にとても役に立ちます。このコースは短期間でも地域の人々がやる気のある大学生と共に学び、自らも大学教育の一部だと感じることで、地域参加の意識を高める最良の方法です。
本学公開講座「リスニング上達術」を開催
藤原  凛
(ふじわら りん)

専任講師
会社法
商法
知的財産法
商学実習
教養ゼミナール
・医療倫理の向上
(市立函館病院倫理委員会外部委員)
・医療事故調査制度の運用監督
(市内某病院医療事故調査委員会外部委員)
・地域医療の健全化
(市立函館病院地域医療支援病院運営委員会外部委員)
・函館市観光産業の多様化
(函館市観光アドバイザー会議委員)
・臨床研究・診療方針・治験などにつき、法的な観点から問題点を指摘し、医療倫理の向上に貢献
・医療事故調査制度の運営に携わり、その普及のための記事を執筆
(函館新聞2018.03.02)
・総合病院と中小の診療所等の医療資源の合理的な分配のためのアドバイスをし、地域全体の医療水準の向上に貢献
・函館大学のベイエリア・サテライト礼拝所を開設し、函館の観光産業の多様化に貢献
(読売新聞2018.06.18
朝日新聞2018.08.16
www.haralmedia.jpなど多数のメディアに掲載)

平成30年9月現在