お問い合わせ

English

函館大学 > 教員地域連携テーマ一覧

函館大学 教員地域連携テーマ一覧

教員名 担当科目 地域連携テーマ
地域連携の実績
永盛 恒夫
(ながもり つねお)

副学長・教授
法学
民法
日本国憲法
市民の日常生活にかかわる法的問題、とくに消費者の保護、救済に関する問題の処理、あるいは消費者教育について
NPO法人函館消費者協会理事
本学公開講座「あなたの財産を守るためには?」
田中 浩司
(たなか ひろし)

学部長・教授
歴史
日本史概論
日本経済史
教養ゼミナール
商学実習
専門ゼミナール
日本経済史ゼミナールの担当で、専門は、室町・戦国時代の経済史(財政・貨幣・金融)です。商学実習も担当しており、文化財と観光を念頭におきつつ、数量的な検証を心がけています。また、キャンパス・コンソーシアム函館の役員も長くやっていますので、地域の高等教育にも関心をもっています。そのへんで何かお役に立てればと思います。
キャンパス・コンソーシアム函館主催の合同公開講座「函館学」では、函館志海苔出土銭について、北斗市の成人大学では、室町幕府の財政について、講演を行いました。
若松 裕之
(わかまつ ひろゆき)

教授
管理会計論
原価計算論
統計学
アルゴリズムとプログラミング
教養ゼミナール
企業内情報システムの効果的活用・比較経営分析など
・函館市公共施設に関する調査
・本学公開講座「ネットワーク社会の会計 ~ITと会計~」ーユーザーの視点からーを開催    
今井 敏博
(いまい としひろ)

教授
会計学総論
企業分析論
財務諸表論
商学実習
専門ゼミナール
会計学が専攻ですので、企業のいわば財布の中、お金勘定が関連します。
本学公開講座「日本人のお金の考え方はどこから来たのか?-『太平記』などから読む経済・倫理思考ー」
寺田 隆至
(てらだ たかゆき)

教授
産業構造論
日本経済論
商学実習
専門ゼミナール
ゼミナールでは、学生が感じた地域産業・経済に関する疑問を、歴史的・実証的に解明する研究をしています。この数年は、地域の経済的格差という問題を地域産業のあり方から考察し、その解決策を考えることを大きなテーマとしてきました。地域連携についても、地域産業・経済の様々なテーマについて、歴史的・実証的に研究するという方法でアプローチしたいと考えております。
・本学公開講座「戦後日本経済の歩みから学び直す『経済の見方』」(2016年)          ・本学公開講座「道南観光へのー視点ースポーツイベントの調査結果とスポーツツーリズムー」(2010年)   ・高校出前講義「プロフェッショナルへの道」(2016年、倶知安高校)
片山 郁夫
(かたやま いくお)

教授

researchmap
簿記原理Ⅰ・Ⅱ
高等簿記Ⅰ・Ⅱ
会計監査論
・簿記テキストの説明方法を中心として、帳簿記録と財務諸表との関連性を重視する観点から研究しています。
・大学レベルでの簿記・会計教育はもちろんですが、高校レベルのそれらのあり方にも関心があります。
・授業公開(簿記原理Ⅰ・Ⅱ:2013年度以降、今年度まで継続)
・高校出前授業(2013.7.17:市立函館高校「企業と会社と人間と」)
・本学公開講座「ロビンソン・ クル-ソ-と簿記ないし会計」(2007年度)
石井 晋良
(いしい しんりょう)

教授
商業史
西洋経済史
西洋史概論
教養ゼミナール
ヨーロッパの中世都市の比較研究。仏・独・英・その他の国々の中世都市の特色と機能の究明。
本学公開講座「近代資本主義社会の形成過程について
小林 裕幸
(こばやし ひろゆき)

教授
リーダー論
スピーチ&プレゼンテーション
函館地域振興論
箱館時代(幕末)のすぐれた人物を研究しながら、現代の函館の繁栄につながり、更なる発展への道を探って参ります。
NPO法人地域対話士協会きずな専務理事
函館文化会で講演等や函館新聞、日刊政経情報への寄稿など
本学公開講座「箱館・夢のまち」開催
髙橋 伸二
(たかはし しんじ)

教授
ビジネスイングリッシュⅠ・Ⅱ
国際マーケティング論
国際貿易論
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
商学実習
本学公開講座
「東南アジア諸国における日本企業の役割と今後の展開」~海外ビジネスよもやま話~
西村 淳
(にしむら じゅん)

准教授
地域経済論
ミクロ経済学
商学実習
専門ゼミナール
地域経済論を担当しています。どのようにすれば、函館市の経済が勢いを増すのかに関心があります。そのためには、かつて勢いの在った時代のこと、現在の函館の状況、あるいは函館を取り巻く環境の状況を調べたいと思っています。
北海道新幹線が開通による新幹線の需要に関する調査/函館に大観覧車を建設した場合に経営が可能か否かの調査/函館に水族館を建設した場合に経営が可能か否かの調査/函館学2010『函館の近代建築遺産』
坂野 学
(さかの まなぶ)

准教授
中国語
原書講読
海外事情
日本文化論
日本文学
教養ゼミナール
中国の文学と社会について研究しています。
本学公開講座「満洲発『函館地震を救済せよ』…って何!?」
津金 孝行
(つがね たかゆき)

准教授
経営情報システム論
コンピュータ基礎
コンピュータアーキテクチャ
商学実習
専門ゼミナール
・湯の川温泉地域の夜の賑わい創出を目的とし、台湾の夜市をモデルとした湯の川温泉夜市の企画と検証を学生と共に進めています。今年度は、イベントの効果について考察します。
・インバウンド観光客によるお土産品としての農産物輸出の可能性の研究を学生と進めています。当面は、来函者の比率が多く直行便がある台湾をターゲットとしています。
・地域活性化を目的とした、湯の川温泉夜市の企画とその検証
(2016-2019継続中)
・北海道新幹線の開業前と開業後の関連沿線自治体の状況調査と考察
(2015-2017)
山田 康夫
(やまだ やすお)

准教授
英語文学
英文学
アメリカ文学
英米文学史
英語
英語基礎演習
英語特別演習
「日本における英米文学関係の常識」というテーマで、一般常識として知っておいてほしい英米文学の知識についてお話できるかと思います。また「英語の読み方」というテーマで英語を効率よく学ぶ方法などについてもお話できるかと思います。
本学公開講座で英文学、特に小説や劇について講義しました。
大橋 美幸
(おおはし みゆき)

准教授

researchmap
ブログ
社会調査
社会学
社会福祉論
教養ゼミナール
商学実習
専門ゼミナール
地域学ゼミナールを担当しています。学生と近隣に出かけてまちづくりに取り組んでいます。インバウンド観光や周遊観光の調査をしたり、イベントの経済波及効果を分析したりしています。各種団体とマーケティングや満足度調査、市民の意向調査などを一緒にさせていただいております。声をかけてください。
・北海道新幹線の利用状況調査
・函館マラソンの出場者アンケート
・奥尻島への移住に関する調査
・生涯活躍するまちに関する調査
井上 祐輔
(いのうえ ゆうすけ)

准教授
経営学総論
経営管理論
経営組織論
教養ゼミナール
商学実習
専門ゼミナール
経営学関連科目を担当しています。組織や社会に根付いた社会制度(文化、慣習、考え方)をどうすれば変化させることができるのか、社会や組織の中で新たに制度を作り出すためにはどうすれば良いのかについて研究しています。具体的には、組織間のパートナーシップの形成プロセスや、地域資源の利用・定着に関する調査・研究を進めています。
アンケート調査(函館スイーツ/函館の温泉施設/函館における外国人観光客の観光マナー)、体験型出前講義(組織化の方法について等)、ビジネスプラン作成セミナーアドバイザー、学生の学内冊子・観光冊子の作成指導(函館市内企業・観光案内の作成)など。
角田 美知江
(つのだ みちえ)

准教授
マーケティング総論
マーケティング戦略論
広告論
流通論
消費者行動論
専門ゼミナール
マーケティング関連科目を担当しております。管理栄養士であり、食品企業での製造工程管理、商品開発業務などを経験した実務家教員でもあります。
地域活性化を目的とした商品開発や企画、プロモーション、そして、地域企業と若者とのコミュニケーションイベントなどを学生と企画しています。
・函館市中小企業審議会委員
・函館市食の産業化推進事業調査研究会会員
・学生の海外調査プロジェクトである函館アジアマーケティング研修会において、地域企業の海外進出について指導および調査結果を公開
・はこだて焼きピロシキ普及活動(産官学連携)
・市内企業管理職講習講師
藤原  凛
(ふじわら りん)

准教授

researchmap
商法
知的財産法
商学実習(PBL)
ゼミナールなど
・地域の農水産物輸出のための体制整備
・医療倫理の向上
(市立函館病院倫理委員会外部委員)
・医療事故調査制度の運用監督
(市内某病院医療事故調査委員会外部委員)
・地域医療の健全化
(市立函館病院地域医療支援病院運営委員会外部委員)
・函館市観光産業の多様化
(函館市観光アドバイザー会議委員)
・日中韓食品安全共同研究会ー「東アジア共通食品安全基準の形成に向けて」を開催し、地域の農水産物を近隣諸国に輸出するための法的課題の整理に着手
・臨床研究・診療方針・医師の働き方などにつき、法的な観点から問題点を指摘し、医療倫理の向上に貢献
(函館新聞2019.07.05)
・医療事故調査制度の運営・普及に貢献
(函館新聞2018.03.02)
・地域の医療資源の合理的な配分と、医療水準向上のためのアドバイス
・函館大学のベイエリア・サテライト礼拝所を開設、ムスリム・ベジタリアンマップの発行に協力・ムスリム観光客受け入れ体制の整備のための講演会・市民講座を開催し、函館の観光産業の発展に寄与
(大學新聞2019.05.10
北海道新聞2019.04.02
 読売新聞2018.06.18
朝日新聞2018.08.16)
安木 新一郎
(やすき しんいちろう)

准教授
金融論
経済学
マクロ経済学
国際経済学
貨幣・金融に関する研究をしています。デジタル暗号資産や地域通貨についても調査しています。
・大阪北天満サイエンスカフェ講師・京都市西京区学生ボランティア引率・各種講演会で登壇
阿部 ジョスリン
(あべ じょすりん)

専任講師
イングリッシュ・コンポジション
メディア・イングリッシュ
グローバル・カルチャー・スタディーズ
函館の高齢化社会を元気づける一つの方法として、生涯教育が考えられます。話すこと、聞くこと、そして読むことをバランスよく取り入れてリラックスした中で学ぶことは、積極的に学ぶこと(アクティブラーニング)や精神衛生(メンタルフィットネス)にとても役に立ちます。このコースは短期間でも地域の人々がやる気のある大学生と共に学び、自らも大学教育の一部だと感じることで、地域参加の意識を高める最良の方法です。
本学公開講座「リスニング上達術」を開催
蒋 博文
(しょう はくぶん)

専任講師
経営戦略論
国際経営論
経営史Ⅰ
経営史Ⅱ
商学実習
専門ゼミナール
教養ゼミナール
情報経営、知識経営、オンライン・プラットフォームについて研究しています。また、最近では青少年のインターネット・リテラシーや情報利用に関して、主に教育指導を目的とした調査を行っています。
・同時通訳業における知識共有プロセスのサポート
・中国IT産業に対する企業調査の補助
三浦 隆行
(みうら たかゆき)

専任講師

researchmap
英語スピーキングⅠ, Ⅱ, Ⅲ, Ⅳ, Ⅴ, Ⅵ,
英語リーディングⅢ, Ⅳ,
英語実践Ⅰ
「二言語を四技能でバランス良く習得すること」の利点はなんでしょうか?テストのスコアが上がる?就職や昇進に役立つ?いえいえ、実は脳の健康状態を保つ効果もあり、バイリンガル(二言語話者)は、モノリンガル(一言語話者)に比べ、認知症の発症が平均で六~七年遅くなる、という研究成果もあります。「第二言語習得」はいつから始まりますか?実は胎内で始まっているのです。聴覚野が出来始める頃から、外界の音、特に母親の話す言語は直接聴こえており、話す言語の異なる親を持つ新生児は、生後三日目でも、親の言語を聞き分けることが出来ます。バイリンガルの認知制御能力研究、ワーキングメモリ、心理言語学、応用言語学などの研究成果をもとに、日本にいながらにしてバイリンガルになれる授業の模索、実施、英語教師の育成、実証研究をしています。
阿武 尚人
(あんの なおと)

専任講師
英語リーディングⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
英語リスニングⅡ・Ⅲ
インターナショナル・ビジネス・コミュニケーションⅠ・Ⅱ
英語実践Ⅰ
人間が持つ認知能力(カテゴリー化や視点の投影など)の反映として言語を捉える「認知言語学」,そしてそれを英語教育に応用する方法論について研究しています。

令和元年9月現在