お問い合わせ

English

函館大学 > 国際交流

国際交流

画像函館大学には、「交換留学」「長期留学」「短期留学」「認定留学」という4種類の留学制度があります。また留学の他にも、海外研修旅行や海外提携大学との共同プロジェクトなど、様々な国際交流の機会を設けています。
「海外で語学力を伸ばしたい!」「国際ビジネスを学びたい!」「まずは海外に行って異文化体験したい!」「外国人の友達をたくさん作りたい!」など、自分の目的に合った制度やプロジェクトに参加して、あなたの視野を広げ可能性を伸ばしていきましょう。

留学制度

交換留学・長期留学 姉妹校への1年間の留学

画像姉妹校提携している大学へ1年間の留学に行く制度です。現在はハワイパシフィック大学(アメリカ合衆国)とニューカッスル大学(オーストラリア)のいずれかに留学することができます。両大学とも交換留学に必要な語学資格を取得すれば、交換留学協定により留学先の授業料が免除されます。また語学資格がなくても、最初の半年間はそれぞれの大学付設の語学学校で勉強して必要な語学力を身に着け、残り半年間を大学で学ぶことも可能です。

短期留学 希望の期間で留学

画像夏休みや春休みなどを利用して、海外の大学等の教育機関に留学する制度です。中でも、ニューカッスル大学(オーストラリア)付設の語学学校に春休みの6週間留学する「春季派遣留学」やフィリピンセブ島での語学研修は、選考試験上位者に費用の一部を大学が負担する補助金制度もあり、長期留学へのステップとしても人気の留学です。

認定留学 留学先を自分で見つける

画像姉妹校や提携教育機関以外でも、自分で希望の留学先を見つけ、函館大学から認定を受けることで留学することができます。世界中の教育機関の中から、あなたの夢を叶えられる学校をえらびましょう。

海外研修・国際交流プログラム

学びの国際性を深めるサマーキャンプやプロジェクトへの参加

国際交流サマーキャンプ(台湾)

画像函館大学の姉妹校である台湾(台南市)の長榮大学が主催する国際交流サマーキャンプです。毎年8月、アジア各国の学生が100名近く集まり、英語で楽しく交流しながら台湾の文化などを学ぶプログラムで、1週間寮に泊まり寝食を共にするため海外の友達がたくさん作れます。函館大学からは毎年3名の学生が代表して参加しており、渡航費や滞在費、食事などは両大学が負担するため費用はほとんどかかりません。

中国・浜海学院交流プロジェクト

画像姉妹校である中国・天津の南開大学浜海学院からの留学生を受け入れており、いっしょに商学を学んでいます。平成29年度からその浜海学院との研究交流プロジェクトが開始。両大学の学生チームがテーマに基づいた研究調査を行い、函館大学チームが天津を訪問して相互にプレゼンテーションやワークショップを行いながら交流しました。令和元年度は「日中の企業の特徴」をテーマとし、日中企業の企業不祥事について研究を行います。

アジアマーケティング研修会

画像本学では実践的な教育プランのひとつとして「アジアマーケティング研修会」を実施しています。平成30年度は増加傾向にある函館市の外国人観光客の中でもタイからの観光客にフォーカスし、タイを訪問、現地調査を実施しました。帰国後には調査結果をまとめ函館市長とのタウントーキングにて市長への報告を行い、今後の函館市の方針も伺うことができました。チャレンジすることの大切さを実体験として学びながら、国際ビジネス感覚を身に着けた人材育成に力を入れています。

海外研修旅行

画像毎年1回、主にアジア圏(シンガポール・マレーシア・香港・台湾など)の国を4~5日間訪問する研修旅行を実施しています。海外経験豊富な教職員が引率するので、安心して参加できます。「まずは海外に行ってみたい!」「大学の仲間と海外で楽しみたい」「海外に興味あるが個人では不安…」という人にオススメのプログラムです。
(2015年シンガポール、2016年シンガポール、2017年シンガポール&マレーシア、2018年タイ、2019年シンガポール)

地域活性化プロジェクト

画像グローバルな視点を持ちながら、地域の課題などを主体的に活動できる人材の育成(グローカル人材)を目的として、地域活性化プロジェクトを実施しています。 昨年度は、道南の食の輸出拡大をテーマとして"台湾プロジェクト"称し学術提携校である台湾の長榮大学の学生チームと共同で調査・研究を行いました。
現地での取材や学生達とワークショップなどを行い、それら調査結果を学生の研究発表会で両校が共同で発表しました。

玉澤 祐也さんの画像

台湾長榮大学との共同プロジェクト “道南地域の食を台湾へ”
台湾プロジェクトに参加しました。

平成30年度入学(企業経営コース)
玉澤 祐也さん
北海道・函館中部高校出身

 今まで、海外に行ったこともなければ興味もありませんでしたが、友達や教職員の方々に誘われてプロジェクトに参加しました。
 プロジェクトでは、他のメンバーと共に道南地域の食の輸出拡大について調査研究を行いました。函館と台湾をつなぐ飛行機の直通便を利用し、手荷物で新鮮な青果品を輸出することができれば、食の輸出拡大につながるのでは?と仮定し、実際に台湾へ手荷物で持ち込む実験を行いました。
 出発前は、植物検疫所への持ち込み検査や、英文の申請書類を準備しました。
 現地空港での交渉も英語で話すなど、大変でしたが、無事に台湾国内へ持ち込むことができました。
 交流先の長榮大学ではワークショップ(交流会)を行い、野菜を調理して台湾の学生に食べてもらいました。ワークショップや台湾の街中で意思疎通が上手くできなかったことから、他国の人々とコミュニケーションをとるための語学勉強の必要性を実感しました。
 今回のプロジェクトを通して良かったことは、苦労しながらも自分たちの手で仮説の実証ができたこと、それから、長榮大学の学生たちと仲良くなれたことです。普段でもSNSなどを通じて連絡を取り合っています。
 国を超えた友情やチームとして一緒に活動できたことは、自分の一生の財産になりました。

<プロジェクトの目的>
◎地域に資する課題の解決に向け、学術的な観点をもった調査や研究
◎学生による主体的な活動、課題解決力、チームワーク、チャレンジ精神の醸成
◎国際社会で通用する能力やグローバルな視点をもちつつ、地域社会の活性化に貢献する(グローカル)人材の育成

  • 奨学金制度
    函館大学では留学専用の奨学金の制度を設けています。奨学金制度をうまく活用して、留学へチャレンジしてください。
  • 留学生との交流
    大学の中でも異文化体験

    函館大学には例年、中国の南開大学濱海学院をはじめとした海外姉妹校から数名の留学生が来ています。大学内での何気ない会話からイベントでの交流まで、関わるきっかけはたくさんありますので、海外に行かなくても異文化体験をする機会があります。

海外派遣学生数
春季派遣学生数 6人 [オーストラリア3人、フィリピン3人] (令和元年度)
その他海外研修旅行等 50人以上 [台湾・シンガポール・中国他] (令和元年度)
海外協定校一覧
函館大学は、世界6カ国9大学と連携協定を結んでいます。
ハワイパシフィック大学 (アメリカ ハワイ州ホノルル市) 1983年提携
ニューカッスル大学 (オーストラリア) 1996年提携
ウォルバーハンプトン大学 (イギリス) 2001年提携
バース・スパ大 (イギリス) 2001年提携
チチェスター大学 (イギリス) 2001年提携
南開大学 (中華人民共和国) 2001年提携
中部大学校 (大韓民国 大田市) 2002年提携
南開大学浜海学院 (中華人民共和国) 2005年提携
長榮大学 (台湾) 2015年提携