International english
courses
英語国際コース

International english
courses
英語国際コース

商学の基礎知識と英語力を
兼ね備えた国際人を育成

英語国際コースは、英語力のアップに特化したコースですが、同時に商学や国際経済などについても学ぶため、ビジネスの基礎知識も持ち合わせた国際人を目指すことができます。

「海外研修旅行」「短期海外留学」をはじめ、海外の大学と連携したプロジェクトも積極的に行なわれるなど、海外で学べる機会が豊富なのも魅力。

英語国際

英語国際コースの特徴

英語と
国際経済・文化を学ぶ

1年次から語学系カリキュラムを履修。日常的な英会話からビジネスイングリッシュまで修得することが可能です。

また、語学だけでなく、マーケティングや商学実習、国際法、国際貿易など、本学の強みともいえるビジネス系カリキュラムも用意。海外で活躍するための基礎力を身につけられます。

目的
英語力を高め市場の国際性を理解し、英語力を活かす専門スキルと知識の修得
学ぶ主な分野
英語力をスキルアップさせるための科目と国際経済・経営・マーケティングの基礎を学ぶ
目指す進路
  • 海外事業・海外取引に関わる分野
  • 通訳・ツアーガイド
  • 教員(高校・中学 : 英語)など

担当教員INTERVIEW

海外企業との
ビジネスメールの書き方や
その際の注意点を指導しながら
相手をリスペクトする
大切さを伝えたい

髙橋 伸二先生

髙橋 伸二先生

担当している講義は?
「ビジネスイングリッシュI・II」を担当しています。この講義では、海外企業とやり取りする際に使うビジネスメールや見積書などの書き方を学びます。日本人と欧米人とでは文章の読み方が異なります。例えば、日本人は「行間を読む」といった文化があり、ある程度、簡略化した文章でも内容を把握できますが、欧米人は伝えたいことをすべて文章で表現しないと理解してくれません。そのような注意点などを盛り込みながら指導しています。
大学生活でやってほしいことは?
年齢や人種、立場を問わず、相手をリスペクトすることの大切さを学生に伝えています。リスペクトがあれば、文化背景や習慣が異なっていても、信頼関係を築くことができます。そこには、マナーを身につける、約束や期限はきちんと守るといった基本的な素養も欠かせません。私は、函館大学に来るまではビジネスマンとして、アメリカ、ヨーロッパ、アジアを行き来していたので、そのときの実体験を踏まえて指導しています。

カリキュラム

企業に対する基礎力と分析力の修得に重点を置いたカリキュラムで
ビジネスの世界に求められる交渉力やマネジメント能力を高める

カリキュラム表