お問い合わせ

English

函館大学 > 本学について

本学について

学長挨拶

商学の視点で国際感覚を養う。

学長画像

学長 野又 淳司

ペリー来航により開港した頃、日本には国際的に通用する貿易の知識がなく、外国商人に依存する不利な立場でした。それをどうにかしようと学んだのが商学です。ですから商学は国際的な学問であり、グローバル化がますます進むであろうこれからの時代に、まさに必要な学問なのです。
本学では海外に目を向け、目的をもって商学の勉強に取り組みたいという強い意欲を持った学生への支援に積極的に取り組んでいます。地域課題に国際的な視野で取り組むプロジェクトでは、日本との経済交流の盛んな国が調査対象となります。渡航前に我が国や地域の産業をしっかり学びます。中国・台湾・香港・シンガポール・タイなどで、企業を訪問してインタビューをしたり、海外の学生と交流したりすることで、商学の面白さや学ぶ意義を実感することができます。
本学の魅力は、小規模であるがゆえ、学生がチャンスを得やすいところです。函館のまちは企業や行政も応援してくれますので、「これをしたい」という好奇心にあふれた学生には、達成感をえられ、自己実現に向けた実りある学びができる大学です。

建学の精神

本学の建学の精神は、学園訓3か条(報恩感謝、常識涵養、実践躬行)を具体的信条として知・情・意を高度に、かつ円満に発達させる真の学問追究をすることです。

学園訓3か条