お問い合わせ

English

函館大学 > 新着情報一覧

新着情報

新着情報一覧公開講座一覧はコチラ  学生ボランティア活動一覧はコチラ

平成29年度入学式が挙行されました

2017年04月14日新着情報

去る平成29年4月5日、平成29年度函館大学入学式が挙行されました。
新入生は緊張の中にも、期待に満ちた表情で式典に臨みました。
参列されたご父母や教職員と共に、新たな門出を祝いました。

また、翌日4月6日には、イベント実行委員会主催の新入生歓迎イベントが開催され、宝探し、ボウリング大会、昼食にはラッキーピエロ弁当など食し、これから4年間学ぶ同志や教職員と親睦を深めました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

2017授業公開講座および春期公開講座の受講者を募集します

2017年03月28日公開講座

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。

2017年度は「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。(会場は函館大学)

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。

電話:0138-57-2535

ファックス:0138-57-2536

メール:renkei@hakodate-u.ac.jp
 
 授業公開講座
「簿記原理Ⅰ・Ⅱ」
4月14日(金)~7月28日 (金) 9:00~10:30 ※毎週金曜日
9月26日(火)~1月30日 (火)  9:00~10:30 ※毎週火曜日
函館大学 教授 片山 郁夫

公開する授業(1年次配当、前期・後期週1回)は、まったくの初心者が対象です。商業簿記を中心に複式簿記の基本的仕組みを初歩から学習します。技術的色彩の濃い科目ですから、欠かさず出席していただければ、所期の水準まで難なく到達できます。最終的には、たんなる技術の修得に留まらず、簿記が企業会計および社会で果たす役割を理解できるようになることが目標です。

テキスト: 久野光朗編著『新版簿記論テキスト』(同文舘出版、 3,500円+税)が必要です。毎回使いますので事前に購入の上、持参してください。みなさまのご参加をお待ちしております。
第1回  5月20日(土)  10:00~12:00
「リスニング上達術」
函館大学 専任講師 阿部 ジョスリン 

多くの方が、ネイティブの英語は、スピードが速すぎて聞き取れない、と言われます。これはおそらく、効果的な英語リスニング方法が身についていないからではないでしょうか。この講座ではあなたのリスニング上達に役立つ三つの方法についてお話しします。一つ目は、ネイティブが話す場合の単語のつながりについて。二つ目は、理解の妨げになる、弱く発音される単語の聞き取りについて。最後に英語を理解するための、基本的な英文法の重要性についてです。是非参加して、効果的なリスニングスキルの上達に役立ててください。なお講座はほとんど英語で行われます。(辞書と筆記用具を持参ください)
 

第2回  6月 3日(土)  10:00~12:00
「東南アジア諸国における日本企業の役割と今後の展開~海外ビジネスよもやま話~」
函館大学 専任講師 髙橋 伸二

日本企業は製造業を中心として1960年代初めから世界各国に市場を求めて進出してきました。特に東南アジアでは自動車産業や家電産業が早くから現地企業と合弁を行うなど、東南アジア諸国市場において日本企業はなくてはならない存在になっています。近年では日本と東南アジア各国とのEPA(経済連携協定)の締結も進み、ますます日本との関わりも深くなってきています。

30年以上に亘る国際ビジネスの経験の中で、フィリピンでのクーデター騒ぎや、タイでの拉致未遂事件等も交えながら、今後の東南アジアにおける日本企業の役割や在り方等について皆さんと一緒に考えていきたいと思っております。

(会場はともに函館大学)

みなさまのご参加をお待ちしております。

第49回卒業式学位記授与式が挙行されました

2017年03月21日新着情報

 

平成29年3月16日(木)に「第49回卒業式学位記授与式」が挙行されました。

式では、学位記授与に続き、各賞の授与が行われ、各代表者へ野又学長から賞状および記念品が授与されました。

続いて催された祝賀会では、協学会会長、同窓会副幹事長から心温まるご祝辞をいただいた後、卒業生からも感謝の言葉やこれからの抱負が述べられ、終始和やかな雰囲気に包まれていました。

卒業生の皆さんには、本学で学んだ事を糧に社会で大きく羽ばたいてくれることを切に願います。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『はじめての手話(函館市手話出前講座)』を実施しました

2016年12月20日新着情報

平成28年12月6日(火)14:50~16:20、函館大学において、本学の学生・教職員を対象に『はじめての手話(函館市手話出前講座)』の研修会を実施しました。函館市より講師の先生4名に来校いただき、学生13名、職員2名が受講しました。

まず、耳の聞こえない人の暮らしについて、「朝起きるときは?」「テレビを見るときは?」など身近な例を挙げてお話いただき、日常的なコミュニケーション方法には『身振り』『口話』『筆談』『空書き』など手話以外にも様々な方法があることを学びました。その後、手話を使った『挨拶の仕方』や『自己紹介の仕方』などを教えていただきました。参加者同士で実際に手話を使った会話練習もたくさん行い、楽しい雰囲気の中でコミュニケーションをとることができました。

参加した学生からは「手話を身近な言語として感じられた」「これから手話を使ってみたい」「もっと手話を覚えたいと思った」「聞こえない人の大変さが分かった」などの感想がありました。聴覚障がいや手話について理解を深める機会になったようです。

講師としてお越しいただいた佐藤先生、野刈先生、亀澤先生、岩谷先生、どうもありがとうございました。

img_6020

img_6051

 

 

img_6046

img_6050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度函館大学主催「業界研究会」を開催いたしました

2016年12月16日新着情報

12月10日(土)13:00~ フォーポイントバイシェラトン函館において、本学主催の「業界研究会」を開催いたしました。

最初に、株式会社文化放送キャリアパートナーズの岡田取締役から業界の分析方法や就職活動スケジュール等についての講演をしていただきました。

その後、55の企業・官公庁の人事ご担当者から業界についてのお話をいただきました。会場には就職活動を控えた3年生をはじめ、他学年も多く参加し終了時間まで真剣に説明を聞いていました。

hp1 hp2

hp3 hp4-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

平成28年度「就職模擬面接研修会」を実施しました

2016年11月16日新着情報

11月5日(土)8:30~16:00、学内において来春から就職活動をスタートさせる3年生を対象に各業界の人事ご担当者による面接研修会を開催し、35名の学生が参加しました。
学生は4つのグループに分かれ、各企業の人事ご担当者より個人面接・集団面接・グループディスカッションなどの実践的な指導を受けました。
参加した学生からは「面接の難しさが色々あることを知りとても勉強になった」「素早く物事を整理して発言することが難しかった」「就職活動が始まるんだという意識を持てた」等多くの事を学びこれからの就職活動へ意識を高める研修会となったようです。

<面接指導人事担当者>
有限会社エイチ・ビー・エヌ
株式会社共立メンテナンス
ネッツトヨタ函館株式会社
株式会社ミニミニ

img_5841 img_5866
img_5838 img_5872

青森商業高校・函館商業高校との高大連携事業が行われました

2016年11月14日新着情報

11月10日、11日の2日間にわたり、函館大学と高大連携協定を結ぶ青森県立青森商業高等学校、北海道函館商業高等学校と本学との3校による連携事業「企画立案実習」が行われました。今年度のテーマはインバウンドを対象にした「冬の青函観光プラン」です。

今回は、青森商業高校から8名の生徒、函館商業高校から8名の生徒、大学から4名の学生が函館大学に集まり、JTB北海道函館支店様の「着地型観光商品の企画と集客に向けたマーケティング戦略」という講義を、また大学からは津金准教授による「観光プラン作成に求めるもの」のお話しをしていただき、更には9月に開催された「海洋観光大学東日本キャンパス教育旅行研究大会」で最優秀賞を受賞した在学生チーム「シーピーポー」のプレゼン発表を見る機会も設定しました。

これらの講義を基に、生徒たちは4つのグループに分かれ、プラン作成に取り組みました。
初対面同士でのグループワークではじめは戸惑いもありましたが、大学生のリードのもと意見を出し合い、次第に打ち解け合う姿がみられました。

最終的に出来上がったプランは「10代から30代個人向けデートプラン」「プロポーズ大作戦in青函」「家族で楽しむ青函の冬」「冬の青函観光プラン」となりました。
講評では短時間の中で、ここまでまとめ上げられたのはチームワーク良く出来た結果ではないか、またこの経験を今後に生かしてほしいという期待される内容のコメントをいただきました。生徒たちは他のグループのプレゼンを聞いて、とても刺激になった。新たな目標が見つかったような気がするという意見も多くまた、これからもさまざまな視点から何かを考えていけるように頑張りたいという意欲ある感想も上がっていました。

2日間という限られた時間内に企画書を作り上げるという中、それぞれ役割分担し、真剣な表情で作業に取り組んだことは、普段の授業ではなかなかできない貴重な経験になったことと思います。
今後も、高校生、大学生にとって意義のある連携事業を行っていきたいと思います。
参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

img_5897 img_5899
img_5902 img_5928
img_5916 img_5943
img_5969 img_5999

辻 沙絵選手 凱旋トークショー開催のお知らせ

2016年10月24日新着情報

リオパラリンピック 陸上400m 銅メダリスト

   辻 沙絵 選手 凱旋トークショー開催のお知ら

日 時 平成28年11月12日(土)10:30~12:00          

場 所  函館大学 262教室  (10:00会場)

※  無料 事前申込は不要ですが、満席の場合はご了承ください。

 

1-2

 

2016秋期公開講座の受講者を募集します

2016年10月11日公開講座

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。 2016年度は「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。(会場は函館大学)

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。 電話:0138-57-2535 ファックス:0138-57-2536 メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

 

秋期教養講座

第1回  11月5日(土)  13:30~15:30 箱館・夢のまち 函館大学 教授 小林 裕幸 

18~9世紀の箱館は、国内の有為な青年たち、故郷に錦を飾るべくやって来た人たちが、努力次第で夢を実現出来る素晴らしい土地であった。15代続いた徳川幕府は、天草の乱を例外として、永く続いた戦国時代以後、我が国に久々の安定と平和を実現した。その治世の柱「鎖国」は、周囲が全て海という状況を考えると良く守られたが、江戸から遠い琉球と蝦夷地には幕府の厳しい目も中々届かなかったようだ。その蝦夷地に交易や不凍港を求め、18世紀になるとロシア人や船が頻繁に来航するようになった。当時の幕閣は、ロシアを「赤蝦夷」と恐れて国防対策を立案し、又、蝦夷地に眠る豊かな資源開発を目指して、「ゆめ溢れる開拓」に着手した。本日は、18世紀後半の箱館や、表記が「函館」と変わる時代に夢を追い求めて来箱した人物、そして、当時国内随一の国際開明都市であった箱館の姿を辿る。

 

第2回 11月26日(土)  10:00~12:00 ドラマに見る経営学 函館大学 専任講師 井上 祐輔

近年、『半沢直樹』や『下町ロケット』のヒットのように、組織の中で次々と直面する困難を主人公が克服していく社会派ドラマが、続々と放送されています。また、NHKの朝の連続テレビ小説でも、ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝をモデルとした「マッサン」、大同生命と日本女子大の創設に参画した広岡浅子をモデルとした「あさが来た」、『暮しの手帖』の創刊・創業した大橋鎭子をモデルとした「とと姉ちゃん」、ファミリア創業者のひとり坂野惇子をモデルとした「べっぴんさん」など、企業家に注目するドラマも多数放送(予定)されています。  本講座では、このようなリアリティのあるフィクションとして、ドラマを題材に「組織の中のヒトと行動」についてお話ししたいと思います。

みなさまのご参加をお待ちしております。

2016%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7

教育旅行研究大会で本学チームが最優秀賞受賞

2016年09月12日新着情報

9月10日(土)教育旅行研究大会(主催 海洋観光大学東日本キャンパス実行委員会・日本財団 事務局 JTB北海道函館支店)が本学を会場に開催されました。

大会は1次審査を通過した6大学7チームで、今回のテーマは「子どもと海。いのちを育む青函の旅」でした。本学チーム(チーム名シーピーポー)は小学生を対象とした2泊3日のツアーを企画し、函館大船遺跡や青森三内丸山遺跡の見学や劇の観賞、またベンガラ染めによるオリジナルTシャツの制作、シーグラスを使ってのアクセサリー作り、地引網体験、いかだ制作&いかだレースなどを行い、次世代を担う子供たちに青函の良さを伝えて内容でありました。結果は見事最優秀賞を受賞しました。また優秀賞には青山学院大学、北海道大学水産学部が選ばれた。各チームにはトロフィー及び副賞が贈呈され、入賞したプランは、JTBなどが商品化に向け検討をしたいとのことです。参加された皆さま、本当にお疲れ様でした。

 

img_5698  img_5700

img_5705 img_5749

img_5754 img_5760

1 / 712345...最後 »