お問い合わせ

English

函館大学 > 新着情報一覧

新着情報

新着情報一覧公開講座一覧はコチラ  学生ボランティア活動一覧はコチラ

函館大学春期教養講座開催のご案内

2016年03月24日新着情報

2016年03月24日新着情報

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。
2016年度は「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。(会場は函館大学)

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。
電話:0138-57-2535
ファックス:0138-57-2536
メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

授業公開講座

4月15日(金)~8月2日 (火) 10:40~12:10 ※8月2日のみ火曜日 他は金曜日

9月27日(火)~1月31日(火) 9:00~10:30

函館大学 教授 片山 郁夫

公開する授業(1年次配当、前期・後期週1回)は、まったくの初心者が対象です。商業簿記を中心に複式簿記の基本的仕組みを初歩から学習します。技術的色彩の濃い科目ですから、欠かさず出席していただければ、所期の水準まで難なく到達できます。最終的には、たんなる技術の修得に留まらず、簿記が企業会計および社会で果たす役割を理解できるようになることが目標です。

テキスト: 「新版簿記論テキスト」(久野光朗編著 同文舘出版、 3,500円+税)が必要です。毎回使いますので事前に購入の上、持参してください。みなさまのご参加をお待ちしております。

第1回  5月21日(土)  10:00~12:00
「TPPを再考する~地域再生とTPP~」
函館大学 教授 田部井 英夫 

今年、2月4日、ニュージーランドのオークランドでTPPの署名式が行われました。今後、参加国12か国の議会で審議され、批准される運びになっております。

現在、日本も国会で審議されているところであり、この春からはTPPに関連する国内法の改正手続きの審議も並行して進められることになっているようです。TPPが批准されると、国民生活は、そして北海道の基盤産業ともいえる農林水産業はどうなるのでしょうか。

前回もTPPについて取り上げたこともありますが、今回はとりわけ地方の視点からTPPを再考したいと思っております。

第2回  5月28日(土)  10:00~12:00
戦後日本経済の歩みから学び直す「経済の見方」
函館大学 教授 寺田 隆至

「GDP600兆円」、「経済の好循環」、「成長戦略」・・・。日本経済は、1990年代の「失われた10年」に続き、21世紀に入ってからも、長く、本格的な景気回復を実現できていません。  冒頭の言葉は、そうした中で、現在の政府が掲げている経済政策の主要なキーワードとなっているものです。ニュースにも頻出する用語ですが、その意味を、実感を持って理解することは簡単ではありません。そこで、この講座では、皆さんにとっても様々な思い出のある高度成長期(1955年~73年)の日本経済のデータや事実に触れながら、また、その時期と今日の低成長下の日本経済との比較という視点も持ちながら、上のキーワードを含め基礎的な経済用語と経済の見方について学び直したいと思います。

(会場はともに函館大学)

みなさまのご参加をお待ちしております。


第48回卒業式・学位記授与式が挙行されました。

2016年03月23日新着情報

去る3月16日(水)に「第48回卒業式・学位記授与式」が挙行されました。

式では学位記授与に続き、文化賞の授与が行われ、代表者が壇上で野又学長から賞状や記念品を授与されました。

続いて祝賀会が催され、同窓会副会長から心温まるご祝辞をいただきました。

「卒業生の主張」と銘打ち、3名の卒業生から今後の抱負が述べられた後、教職員より社会へ旅立つ卒業生らへ厳しくも温かい言葉が贈られました。

本学は昨年、開学50周年を迎えました。卒業生の皆さんは、次の50周年に向けた第1期生として、本学で学んだ事を糧に社会で大きく羽ばたいてくれることを切に願います。

IMG_4595IMG_4634IMG_4712IMG_4717IMG_4714IMG_4739IMG_4753IMG_4749IMG_4766

(募集終了しました)学生発案の旅行プラン モニターツアー第2弾のご案内

2016年02月05日新着情報

今年度、商学実習Ⅱ(佐藤クラス)の授業にて、JTB北海道函館支店様にご協力いただき『道南の着地型観光プランの作成』を行いました。12月に実施したモニターツアー第1弾「函館通な夜景ツアーwithクリスマスファンタジー」は当日50名余りのお客様にご参加いただきました。
この度、モニターツアー第2弾として、冬の大沼を満喫するプランを作成いたしましたので、広く市民のみなさまにご案内いたします。ご参加ほど、宜しくお願いいたします。

 

ツアー名称:『モーニングツアーin大沼 大自然の中で野生動物の足あとを発見!』
ツアー概要:冬の朝の大沼にて、野生動物・野鳥を探したり、雪上に残された足あとを見ながらネイチャーガイドから動物の行動を解説していただくツアーです。
また、行きのバス内で温かいコーヒーをご提供いたします。
日  時:2月20日(土)
乗車場所:函館大学、湯川温泉街、函館駅のいずれか
行  程:6:30函館大学発→ 6:45湯川温泉街発→ 7:10函館駅前発→ 大沼着→ 9:15大沼発→ 10:00函館駅下車→ 10:15湯川温泉街下車→ 10:30函館大学着
費  用:500円(貸切バス代金、コーヒー代、大沼でのガイドツアー代金、保険料を含みます)
募集人員:30名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
申込〆切:2月15日(月)15時
申込方法:添付の申込用紙を記入のうえ、JTB北海道函館支店または函館大学地域連携センターまでFAXにてお申込ください。
備  考:モニターツアーのため、車内でアンケートにご協力いただきます。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。PDF

【最終】大沼ツアー(表)

【最終】大沼ツアー(裏)

 

平成27年度函館大学主催「業界研究会」を開催しました

2015年12月21日新着情報

12月12日(土)13:00~ ロワジールホテル函館において、本学主催の「業界研究会」を開催いたしました。
最初に、株式会社文化放送キャリアパートナーズの岡田取締役から業界の分析方法や就職活動スケジュール等についての講演をしていただきました。
その後、63の企業・官公庁の人事ご担当者から業界についてのお話をいただきました。
会場には就職活動を控えた3年生をはじめ、他学年も多く参加し終了時間まで真剣に説明を聞いていました。

2015業研①2015業研③

2015業研④2015業研⑤

(募集終了しました)学生発案の旅行プラン モニターツアーのご案内

2015年12月10日新着情報

今年度、商学実習Ⅱ(佐藤クラス)の授業にて、JTB北海道函館支店様にご協力いただき『道南の着地型観光プランの作成』を行いました。JTBへのプレゼンの結果、学生の考えた2つのプランがモニターツアーとして実施されることになりましたので、広く市民のみなさまにご案内いたします。
学生が発案した「地元ならでは」のツアーをぜひお楽しみください。

ツアー名称:『函館 通な夜景ツアーwithクリスマスファンタジー』
ツアー概要:夜景を様々な角度から楽しむため、夜景スポットをバスで3ヵ所回ります。当日は、プランを作成した学生が添乗します。
日  時:12月21日(月)  16:00函館駅発、16:30湯川温泉街発、16:50大学発 19:30~20:00頃、クリスマスファンタジー会場にて解散となります。
費  用:500円(貸切バス代金、ロープウェイ代金、駐車代金、スープ代金、保険料を含みます)
募集人員:30名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
申込方法:添付の申込用紙を記入のうえ、JTB北海道函館支店または函館大学地域連携センターまでFAXにてお申込ください。
申込〆切:12月17日(木)15時
備  考:モニターツアーのため、車内でアンケートにご協力いただきます。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。

函館通な夜景ツアー(表)     函館通な夜景ツアー(裏)

 

 

※もうひとつのプラン、「冬の大沼」ツアーは、2月下旬にモニターツアー実施予定です。詳細が決まり次第ご案内いたします。

公開講座 2015秋期教養講座が終了しました

2015年12月09日新着情報

11月28日(土)と 12月5日(土) に行われた、函館大学秋期教養講座(第1回「高齢者の方のための英会話入門」 壁谷 一広准教授、 第2回「室町幕府財政のしくみ-将軍が集める富、創り出す富-」 田中 浩司教授)が終了いたしました。

それぞれ、42名、32名の市民の方にご参加いただきました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

IMG_3892    IMG_3979

来年度も引き続き「高齢者のための学び直し講座」のテーマで、教養講座を行う予定です。ぜひご参加ください。

開学50周年記念講演会「函館の新幹線開業後の10年を考える」が終了しました

2015年11月30日新着情報

函館大学開学50周年、函館商工会議所創立120周年 記念講演会「函館の新幹線開業後の10年を考える」が11月26日に行われました。

日本総合研究所の藻谷浩介氏を講師に迎え、全国各地の市町村の事例を基にした、新幹線開業後の函館の予測や各都市の人口の動向についてのお話しを伺いました。その中で、地域の人口を維持するためには、観光で得たお金を地域内で消費する「地消地産」の取り組みや、市民一人ひとりが1年間に消費する額の1%でもいいから地元産の品を購入する心がけが大切であるという力強いアドバイスをいただきました。

受講した学生からは「現在、自分たちは函館の街をフィールドに日々研究しているけれど、改めて函館の課題を認知することができた。5年後10年後の発展のためにも自分たちが頑張らなければいけないと感じた」などという感想が聞かれました。

 

本講演会には本学学生・教職員の受講に加え、約140名の市民の方にもご参加いただきました。

ご参加いただいたみなさま、まことにありがとうございました。

IMG_3730     IMG_3794

平成27年度就職模擬面接研修会を行いました

2015年11月25日新着情報

11月21日(土)8:30~16:00、学内においてまもなく就職活動を始める3年生を対象に面接研修会を行い39名の学生が参加しました。

学生は5つのグループに分かれ、各企業の人事担当者より個人面接・集団面接・グループディスカッションなどの実践的な指導を受けました。
参加した学生からは「他の人の面接を見ることができて参考になった。」「緊張で普段の言葉で話してしまったのでこれから気をつけたい。」「参加して色々なことを学べたので不安が解消され今後の課題もわかった。」等、さまざまな事を学ぶ研修会となったようです。

<面接指導人事担当者>
株式会社共立メンテナンス
株式会社合田観光商事
スターゼン株式会社
ダイハツ北海道販売
株式会社みちのく銀行株式会社

2015ダイハツ2015共立2015合田2015全体

青森商業高校・函館商業高校との3校高大連携事業が行われました

2015年11月16日新着情報

11月12日、13日の2日間にわたり、函館大学と高大連携協定と結ぶ青森県立青森商業高等学校、北海道函館商業高等学校と本学との3校による連携事業「企画立案実習」が行われました。

今回は、青森商業高校から8名の生徒、函館商業高校から9名の生徒、大学から4名の学生が函館大学に集まり、JTB北海道函館支店様ご協力のもと「青函を巡る修学旅行プランの企画」に取り組みました。

生徒たちは4つのグループに分かれ、東京の高校をターゲットに設定した修学旅行のプランを考えました。初対面同士でのグループワークではじめは戸惑いもありましたが、大学生のリードのもと意見を出し合い、次第に打ち解け合う姿が見られました。
『田舎で花嫁修業』『文化・観光・体験のよくばり旅』『青函で気が付く文化の違い』『思い出のアルバム』といった個性的な4つのプランが完成し、参加した生徒からは「この2日間でとてもいい経験をすることができた。新しい目標とこれから改善点が見つかった」「これからの観光研究に活かしたい」といった感想が聞かれました。

2日間という限られた時間内に企画書を作り上げるという中、それぞれ役割分担をし、真剣な表情で作業に取組んだことは、普段の授業ではなかなかできない貴重な経験になったことと思います。
今後も、高校生、大学生にとって意義のある連携事業を行っていきたいと思います。

IMG_3392

 IMG_3402IMG_3363 IMG_3403   IMG_3509

 

 

函館大学創立50周年記念式典を開催しました

2015年11月13日新着情報

去る平成27年10月31日、函館国際ホテルにおいて「函館大学創立50周年記念式典・記念講演会・祝賀会」が執り行われました。

第一部の記念式典では、本学の野又淳司学長が冒頭の式辞で「これまで本学が九千余名の有為な卒業生を輩出することが出来たのは、函館を中心にした地域の皆様のおかげです。これからも、次の50年を見据え、地域に根ざした教育・研究で数多の工夫を重ね、より一層地域に貢献できる人材の育成に努めます」と抱負を述べました。

060

続いて北海道知事の高橋はるみ様、函館市長の工藤壽樹様、日本私立大学協会常勤常務理事・事務局長の小出秀文様からそれぞれご祝辞をいただきました。祝電披露に引き続き、本学の名誉教授である永野彌三雄、河村博旨(欠席)、溝田春夫の三氏に感謝状を贈呈し、式典の幕を閉じました。

096

第二部の記念講演では、講師として一橋大学前学長・同大名誉教授の山内進先生をお招きし、「とまれ お前はあまりにも美しい―漱石・ゲーテ・実学革命―」と題して90分に亘るご講演をいただき、商法講習所に始まる我が国の商学の歴史から、社会科学の精神について学ぶ貴重な機会を得ることができました。

110

127

第三部は、函館商工会議所副会頭で函館大学付属有斗高校OBである久保俊幸氏、函館国際観光コンベンション協会会長で本学OBである渡邉兼一氏によるご祝辞、鏡開きの後、野又肇学園長の乾杯の音頭により、総勢三百余名が参加する祝賀会が盛大に催されました。余興では函館近郊で芸能活動を行う本学OBが祝宴に花を添え、最後に本学OBで函館市議会議員の松尾正寿氏が乾杯の挨拶を行い、祝賀会を終了しました。

151

208

本学の節目となる本式典を成功裏に終了することが出来ましたのも、本学を支えてくださいました地域の皆様のおかげです。この場をお借りしまして、改めて感謝いたします。