お問い合わせ

English

函館大学 > 公開講座

公開講座

 公開講座

高等学校対象「出前講義・大学見学」について

函館大学では、高校生のみなさんに本学を知ってもらうため、「出前講義・大学見学」を承っております。
積極的に御活用いただき、学習意欲の向上や進路選択への一助としていただければ幸いです。

詳しくは、こちらからご覧ください。

2016.04.01

函館大学授業公開講座および春期教養講座の募集を開始します。

2016年03月24日新着情報

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。
2016年度は「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。(会場は函館大学)

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。
電話:0138-57-2535
ファックス:0138-57-2536
メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

授業公開講座

4月15日(金)~8月2日 (火) 10:40~12:10 ※8月2日のみ火曜日 他は金曜日

9月27日(火)~1月31日(火) 9:00~10:30

函館大学 教授 片山 郁夫

公開する授業(1年次配当、前期・後期週1回)は、まったくの初心者が対象です。商業簿記を中心に複式簿記の基本的仕組みを初歩から学習します。技術的色彩の濃い科目ですから、欠かさず出席していただければ、所期の水準まで難なく到達できます。最終的には、たんなる技術の修得に留まらず、簿記が企業会計および社会で果たす役割を理解できるようになることが目標です。

テキスト: 「新版簿記論テキスト」(久野光朗編著 同文舘出版、 3,500円+税)が必要です。毎回使いますので事前に購入の上、持参してください。みなさまのご参加をお待ちしております。

第1回  5月21日(土)  10:00~12:00
「TPPを再考する~地域再生とTPP~」
函館大学 教授 田部井 英夫 

今年、2月4日、ニュージーランドのオークランドでTPPの署名式が行われました。今後、参加国12か国の議会で審議され、批准される運びになっております。

現在、日本も国会で審議されているところであり、この春からはTPPに関連する国内法の改正手続きの審議も並行して進められることになっているようです。TPPが批准されると、国民生活は、そして北海道の基盤産業ともいえる農林水産業はどうなるのでしょうか。

前回もTPPについて取り上げたこともありますが、今回はとりわけ地方の視点からTPPを再考したいと思っております。

第2回  5月28日(土)  10:00~12:00
戦後日本経済の歩みから学び直す「経済の見方」
函館大学 教授 寺田 隆至

「GDP600兆円」、「経済の好循環」、「成長戦略」・・・。日本経済は、1990年代の「失われた10年」に続き、21世紀に入ってからも、長く、本格的な景気回復を実現できていません。  冒頭の言葉は、そうした中で、現在の政府が掲げている経済政策の主要なキーワードとなっているものです。ニュースにも頻出する用語ですが、その意味を、実感を持って理解することは簡単ではありません。そこで、この講座では、皆さんにとっても様々な思い出のある高度成長期(1955年~73年)の日本経済のデータや事実に触れながら、また、その時期と今日の低成長下の日本経済との比較という視点も持ちながら、上のキーワードを含め基礎的な経済用語と経済の見方について学び直したいと思います。

(会場はともに函館大学)

みなさまのご参加をお待ちしております。


2016.03.24

公開講座 2015秋期教養講座を開講します

今秋も「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための教養講座を開催いたします。

受講料は無料です。以下のいずれかの方法でお申込ください。
電話:0138-57-2535
ファックス:0138-57-2536
メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

 

第1回   1128()  10001200
「高齢者の方のための英会話入門」
函館大学 准教授 壁谷 一広 

円安や政策の影響で、日本を訪れる外国人が急増しています。外国人とのコミュニケーションは、楽しそうでもちょっと不安なものですが、だれもが経験できるものになってきました。
本講座では、主に高齢者の英語の初心者を対象に、外国人との出会いを自分のことばで楽しむための方法を、実際に英語を使いながら学びます。受講される方は、英和/和英辞典をご持参ください。高齢者以外の方も歓迎です。お申し込みの際に、興味のあるテーマをお伝えいただければ、講座内容の参考にいたします。

 

第2回  125( 10001200
「室町幕府財政のしくみ -将軍が集める富、創り出す富-」
函館大学 教授 田中 浩司

鎌倉幕府と江戸幕府では、直轄地からの年貢等が、収入源としてかなり重要な位置を占めていたと考えられています。ところが、室町幕府は言うと、収入源が多様で、それらの重要度については学界でも意見が分かれるところです。そして、土地からの年貢等よりも、手数料や進物、儀礼が将軍家にもたらす富などに注目する説が有力です。今回はそんな最新の室町幕府財政論を紹介します。

(会場はともに函館大学)

みなさまのご参加をお待ちしております。

20151106094409_00001

2015.11.06

公開講座 2015授業公開講座を開講します

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。授業公開講座は、学生向けの授業に一般市民の方々にもご参加いただく講座です。「学び直しをしたい」「大学の授業の雰囲気を味わいたい」といった方々に、ぜひご参加いただければと思います。

受講料は無料です。以下のいずれかの方法でお申込ください。

電話:0138-57-2535
ファックス:0138-57-2536
メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

 

社会福祉論(集中講義:全4日間・16回)
会場:函館大学ベイエリア・サテライト
9月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)
9:00~16:20
函館大学 准教授 大橋 美幸

テーマは「観光と高齢社会のまちづくり」です。野外劇やクリスマスファンタジーなどの調査結果から、市民参加の観光イベントを考えます。バル街や中央図書館・競馬場などの調査結果から、交流や高齢者の居場所について考えます。
毎日、外に出かけます。西部地区の伝統的建造物群保存地区や映画ロケ等についてフィールドワークを行い、認知症カフェにも参加する予定です。場所は観光案内所も兼ねているサテライトです。大学生と一緒に、まちづくりを考えてみませんか。
テキスト:「老いる準備」(上野千鶴子・朝日新聞出版・660円+税)です。毎回使いますので、事前に購入の上、持参してください。

 

簿記原理(全30回)
会場:函館大学
9月24日(木)~2月2日(火) 火曜9:00~10:30、木曜13:10~14:40
函館大学 教授 片山 郁夫

公開する授業(1年次配当・後期週2回)は、まったくの初心者が対象です。商業簿記を中心に複式簿記の基本的仕組みを初歩から学習します。技術的色彩の濃い科目ですから、欠かさず出席していただければ、所期の水準まで難なく到達できます。最終的には、たんなる技術の修得に留まらず、簿記が企業会計および社会で果たす役割を理解できるようになることが目標です。
テキスト:「新版簿記論テキスト」(久野光朗編著、同文舘出版、3,500円+税)が必要です。毎回使いますので、事前に購入の上、持参してください。

 

社会学(全12回)
会場:函館大学
9月28日(月)~2月1日(月) 月曜13:10~14:40
函館大学 准教授 大橋 美幸

観光のまちづくり、商店街のまちづくり、エネルギーのまちづくりなどについて取り上げ、各地の例を紹介します。まちづくりの歴史、まちづくりの担い手、まちづくりの動向などについてテキストを用いて説明していきます。最後に学生から「函館のまちづくり」を提案しますので一緒に考えてみてください。
テキスト:「都市計画とまちづくりがわかる本」(伊藤雅春・他編、彰国社、2,400円+税)が必要です。毎回使いますので、事前に購入の上、持参してください。

 

(社会福祉論は函館大学ベイエリアサテライトでの開講となりますのでご注意ください。また、サテライトの駐車場は台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関でお越しください)

みなさまのご参加をお待ちしております。

20150811155746_0000120150811155746_00002

2015.08.11

公開講座 2015春期教養講座を開講します

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。
2015年度は「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。
電話:0138-57-2535
ファックス:0138-57-2536
メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

 

第1回  5月30日(土)  10:00~12:00
「日本人のお金の考え方はどこから来たのか? -『太平記』などから読む経済・倫理思考-」
函館大学 教授 今井 敏博 

函館新聞に書きました紙上公開講座の原稿の種『太平記』と『武家義理物語』の青砥左衛門の尉の話をもとにそこに経済や倫理についての考え方を中心に読み込んでみます。なお私は文学の専門家でありませんから文学については素人談義ですし、文法などの話もできません。しかしカルチャー(教養、文化)とは、耕すという意味を持っていますので、時間つぶしにでも本を読んで自分を耕してみませんか。自由に読んで楽しんで耕して、青葉茂る桜井の里(太平記といえば楠木正成です)にしてみませんか。

 

第2回  6月13日(土)  10:00~12:00
「高齢者とスポーツ -第24回函館ハーフマラソンから-」
函館大学 准教授 三浦 俊和

ゴルフ・水泳・テニス・ジョギング・ウォーキングなど、スポーツを日常生活に取り入れ、健康増進をはかる高齢者が増えています。しかし、無理をしてしまい、スポーツから離れていくケースも見受けられます。函館ハーフマラソンやスポーツ団体などの最近の活動実態を紹介しながら、どの様にスポーツに親しんでいけば良いのか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

(会場はともに函館大学)

みなさまのご参加をお待ちしております。

20150514131759_00001

20150514131759_00002

2015.05.14

NCV公開講座

NCV(ケーブルテレビ)にて本学教員による公開講座を放映しています。
講義資料は下記からダウンロードできます。

平成27年1月17日(土)14:00~  21:00~ 
25日(日)14:00~  21:00~
NCV SP「函館大学公開地域講座」

大橋美幸准教授『物忘れカフェ』
隅田孝准教授『道南地域におけるエゾシカ有効利用に関する展望』

2015.01.07

函館新聞紙上公開講座

函館新聞の紙面にて、毎週金曜日に「函館大学紙上公開講座」を連載しています。教員の専門分野や関心を持っている事柄、大学での活動について、わかりやすく紹介しています。

2015.01.07

2 / 212