お問い合わせ

English

函館大学 > 新着情報一覧

新着情報

新着情報一覧公開講座一覧はコチラ  学生ボランティア活動一覧はコチラ

Hello from New Castle in Australia! 2年 吉田梓紋くん

2018年04月20日新着情報

  Hi, guys! My name is Shimon. I live in Newcastle, Australia now. I have been interested in foreign cultures and English since I was a middle school student. Living in another country is such a wonderful experience. I always learn foreign cultures and customs because we gathered from all over the world. Oh, of course English as well. I want to use English as a native speaker does and works in an overseas country so I’m studying with all my might! Thank you.

かねてより国際文化と英語に興味があり、先月からオーストラリアへ1年間留学中の吉田梓紋くん(写真中央:岩手県立前沢高校)将来は海外で働きたい気持ちが募り、全力で勉学に励んでいるようです!異国の地でも思い切り満喫しているようで頼もしい限りです!頑張れ~!

 

「PLAISIR(プレジール)」デジタル版を刊行しました

2018年04月13日新着情報

商学実習Ⅱ井上クラスではフリーペーパー「PLAISIR」の制作を通し、組織の円滑な運営について学修してきました。全部で7刊を発行しましたが、この度スペシャル版として、厳選した記事をデジタル版でご紹介したいと思います。ご覧ください。

 

『プレジールダイジェスト版Webbook』

商学実習Ⅰの成果発表 ~縄文遺跡を世界遺産に!~

2018年04月13日新着情報

2017年度「商学実習Ⅰ」の成果発表として、今回は大橋美幸クラスの1年生11名が行った調査を取り上げます。

 

縄文遺跡を世界遺産に

*************************************************************************

興味のある方はこちら「商学実習」のページへ。

 

 

平成30年度 第54回 入学式が挙行されました。

2018年04月11日新着情報

平成30年4月5日(木)、平成30年度函館大学入学式が挙行されました。
新入生は真新しいスーツに身を包み緊張の中にも、期待に満ちた表情で式典に臨みました。
新入生107名、編入生3名、合計110名の入学者を迎え、参列された保護者、ご来賓の皆様、教職員と共に、新たな門出を祝いました。

式典では一人一人の名前が読み上げられ、新入生代表として高橋未来さんが入学許可証を野又淳司学長から授与されました。

その後、野又学長が式辞を述べ「この函館大学で冷静な頭脳と温かい心を養ってほしい」と新入生を激励しました。

山田拓海さんは新入生を代表して「視野を広げ良識ある大学生活を送るよう努力します」と誓いの言葉を述べました。

これからの皆様の活躍を期待しています。

平成30年度 第54回 入学式のお知らせ

2018年04月03日新着情報

平成30年度第54回函館大学入学式を下記のとおり挙行いたしますので、ご案内申し上げます。

 

日時:平成30年4月5日(木)10:00 ~終了後、協学会入会式(保護者の方)

場所:函館大学 262教室

※入学生は式典指導等がありますので、9時30分までに来学ください

服装:黒・紺・グレー系統のスーツ、ブレザーなど式典にふさわしい服装でご出席ください

 

[ご連絡事項]

1.入学式終了後、学生証用の写真撮影を行います。

2.在学証明書は入学式当日、全員に2通を無料でお渡しいたしますが、追加発行を希望される方は学務課へ申し込み(1通200円)、翌日以降に学務課窓口にてお受け取りください。

3.JR・バスの定期券を購入するための「通学証明書」を希望される方は学務課へ申し込み(無料)、翌日以降に学務課窓口にてお受け取りください。

4.病気その他やむを得ない理由により入学式に出席できない場合は、速やかにその旨をご連絡ください。

連絡先電話番号 函館大学入試課:0120-00-1172

2018授業公開講座および春期公開講座の受講者を募集します

2018年04月03日公開講座

2018授業公開講座および春期公開講座の受講者を募集します。

函館大学では、地域社会との交流・教育の還元を図るため、さまざまな公開講座を行っています。2018年度も「高齢者のための学び直し講座」として、高齢者の方を主な対象に学び直しのための生涯学習講座を開催いたします。(会場は函館大学)

受講料は無料。以下のいずれかの方法でお申込ください。

電話:0138-57-2535

ファックス:0138-57-2536

メール:renkei@hakodate-u.ac.jp

 

授業公開講座

「簿記原理Ⅰ・Ⅱ」

4月13日(金)~7月27日 (金) 10:40~12:10 ※毎週金曜日

9月25日(火)~1月29日 (火) 9:00~10:30 ※毎週火曜日

函館大学 教授 片山 郁夫

公開する授業(1年次配当、前期・後期週1回)は、まったくの初心者が対象です。商業簿記を中心に複式簿記の基本的仕組みを初歩から学習します。技術的色彩の濃い科目ですから、欠かさず出席していただければ、所期の水準まで難なく到達できます。最終的には、たんなる技術の修得に留まらず、簿記が企業会計および社会で果たす役割を理解できるようになることが目標です。

テキスト: 久野光朗編著『新版簿記論テキスト』(同文舘出版、3,500円+税)が必要です。毎回使いますので事前に購入の上、持参してください。

 

第1回 5月19日(土)  10:00~12:00

「1960年の日本文学代表団中国訪問旅行を再検討する」

函館大学 准教授 坂野 学 

1960年、野間宏を団長とする文学代表団が、中国の招待に応じて、5月30日から1ヶ月あまりにわたって中国各地を訪問し、熱烈歓迎を受けました。代表団は、安保反対闘争に揺れる日本を離れて、中国の地から日本に向けて「反日米軍事同盟」を訴えました。新しい「希望の国」中国との連帯を呼びかける彼らの行動とそれを全面支持する中国指導部の思惑を再検討して、学び直してみましょう。

第2回  6月 2日(土)  10:00~12:00

「食品安全事故の発生原因と法的対処からみる文化の差異」―日本・中国・韓国の比較―

函館大学 専任講師 藤原 凛 

平成25年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。世界に誇るべき日本の文化がまた一つ認められたことを意味しますが、同時にその伝承と発信を担うべき使命の重大も痛感せずにはいられません。

しかし、現実は日本で随一の「食の宝庫」を誇る北海道でさえ、その圧倒的なポテンシャルにもかかわらず、食品関連企業の海外進出は目覚ましいとは言えない状況です。躊躇いの理由は、言葉の壁だったり、制度システムや商慣習の違いだったりと様々ですが、その根本には「文化」の違いが貫通しているように思います。

本講座では、近年日本・中国・韓国で発生した食品安全事故を素材に、3国の文化の違いに迫り、今後ビジネスチャンスの拡大や国際関係の正常化に欠かせない有効な手がかりを探りたいと思います。

 

(会場はともに函館大学)

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

第4回オープンキャンパスが3月24日に本学で行われました。

2018年03月26日新着情報

2018年3月24日(土)12:45~15:45 『第4回オープンキャンパス』が行われ、函館市内や北海道内外の生徒多数が参加してくれました。

本学のオープンキャンパスは学生主体で行われています。

FMいるかキャンパスデイズで活躍している1年次2名の司会者が流ちょうなトークで場を盛り上げていきます!野又学長の挨拶、そして2年次学生代表が寝る暇をおしみ考えてきた大学概要説明がありました。簡単に本学の入試要項についても説明があり、いよいよミニ講義へ移動です。今日の講義は「パズルで学ぶ集権と分権」です。面白そうですね。どうやってパズルで学んでいくんでしょう???・・・

実は授業を行っているのは井上クラスのゼミ生です。

先生はあくまで学生のアシスタント。

スーツをバッチリ着こなしているので、本物の先生だと勘違いされた方もいたのではないでしょうか。

そしてキャンパスツアーへ。今回は商学実習Ⅰ角田クラスの学生たちが春バージョンの学内マップを作成してくれました。

その後、希望コース別に分かれ現役大学生とおしゃべりタイムです。大学生の話に熱心に耳を傾ける高校生。話す方も段々熱くなってきます。

この日は喫茶セラームからシフォンケーキやクッキーとおいしい飲み物が振舞われました。あまりのおいしさに同伴者席まで何人かの生徒が「おいしい!!」を伝えに行ってました(笑)。

あっという間に帰りの時間になりました。

参加した皆様からは「本学の雰囲気がわかって良かった。」「来てよかった。」「大学生の皆様が素晴らしい」と高評価をいただきました。

回を重ねるごとにいいアイデアが生まれ、そして着実に成長している学生たち。来年度のオープンキャンパスも楽しみです!是非皆様また来年も参加してください!お待ちしています!函館大学に少しでも興味のある方はお気軽に入試課までお問い合わせください。お待ちしています!

第50回 函館大学卒証書・学位記授与式が行われました。

2018年03月25日新着情報

2018年3月16日(金)花びしホテルにおいて、第50回函館大学卒業式が行われました。

学位記授与の前に学園賞、市長賞および体育賞・文化賞の表彰が行われ、緊張した面持ちで学長より賞状を授与される学生。

その後、厳かな雰囲気の中で行われた学位記授与式。卒業生の総数は、今年卒業する学生を含めると合計9,894名にもなります。

卒業式の後、卒業祝賀パーティーが華やかに開催され、参列した保護者の方や教職員全員で卒業生の皆さんの門出を祝しました。

また野球部学生マネージャーとして活躍された、斎藤優樹さんが卒業生を代表して挨拶をされました。大変立派な挨拶に一同目に熱いものが溢れます。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

皆さんの今後の活躍を心よりお祈りしております。

商学実習Ⅱの成果発表「PLAISIR」

2018年03月07日新着情報

2017年度「商学実習Ⅱ」の成果発表として、今回は「PLAISIR」を編集した井上クラスを取り上げます。

商学実習Ⅱ(井上クラス)では、グループワークによる冊子制作を通じて、組織のマネジメントを学びました。
記事のコンセプトや内容、レイアウトデザインなどの品質を決めるだけでなく、発行までのスケジュール管理や作業分担(アポ取りと取材、記事のチェックに修正まで)、全て学生自ら行います。今年度は、企業見学や社長インタビュー、おすすめカフェ・ショップ・バンド紹介、旅行体験記などの記事を掲載しました。(取材時には、取材先のご好意に預かることも…。)
記事の制作過程で生じる様々な課題(記事の制作スキルの差とそれに伴う分担量のバラつき、記事の作成締切り、取材対象者との調整、取材資金の獲得など)を克服するために、どのようにすればグループメンバーの仕事が円滑に進むように調整でき、スケジュール通りに一定の品質の成果物(記事)を制作できるかを学びます。

写真は、取材費稼ぎのために出店した湯の川夜市、アカデミックリンクでのパネル発表の準備風景です。

この続きは「商学実習」のページで・・・

こちらをクリックしてください。

商学実習Ⅰの発表『こんにちはムスリム!』

2018年03月07日新着情報

2017年度「商学実習Ⅰ」の成果発表として「こんにちは!ムスリム」を今回はご紹介します!

 

函館は、言わずと知れた観光都市です。そして、従来は台湾・中国・韓国からの外国人観光客が主流でしたが、近年ではマレーシアやインドネシアからの来日観光客が年平均30%の勢いで増えています。そして、前者は人口の約6割が、後者は人口の9割がイスラム教徒です。

ムスリムの旅行市場は、今日世界の観光業界で最も急速に成長をし続けている分野の1つと言われています。MasterCard-Crescent Rating社の調査によると、2015年のムスリムの海外旅行者数は、推計1億1,700万人で、2020年には1億6,800万人に増加し、ムスリム観光客がもたらす経済効果は2,000億ドルを超えると予想されています。

この続きは『商学実習』のページで・・・

こちらをクリックしてください。